コラム

クライストチャーチ51人殺害犯の主張に見る「つけ込まれた陰謀論者」の悲哀

2021年11月12日(金)15時45分

だとしても、である。「裁判が不当だった=冤罪だった」という言い分は簡単に信用できない。

日本でも冤罪裁判はしばしばある(そのこと自体問題だが)が、その多くは物的証拠の乏しい事件で、検察がほぼ状況証拠だけで犯人を特定し、長期間の拘留などで精神力を弱らせられた被疑者がありもしない罪を自供したものの裁判で無罪を主張し始める、といったパターンだ。

これに対して、タラントは取調べのなかだけでなく公判の場でも罪を認めている。また、犯行直後に拘束されたタラントには銃器や車といった物的証拠も数多くある。さらに、モスク内で被害者が次々と銃撃されるさまはSNSで配信されたが、それがタラントのアカウントであったことも間違いない。

これだけ揃っていて「裁判の手順が通常でなかった」ことだけを根拠に冤罪を主張するのは説得力が乏しい。

しかも、そこまで言いながらタラントは裁判のやり直しを明確に求めているわけでもない。弁護士は再審請求を助言したというが、これに関してタラントの手記では触れられていない。

だとすると、なぜ

今になって「裁判の不当性」を主張するタラントには、陰謀論を信じる過激派にありがちな精神性を見出せる。

モスク襲撃の直前、SNSにあげていた犯行声明のなかでタラントは「リベラルな政治家や大手メディアが結託して移民を流入させ、白人世界を抹殺しようとする陰謀」について言及していた。これは近年の白人右翼の間で広がっている典型的な陰謀論だが、一般に陰謀論を信じやすい人には、主に3つの特徴があげられる。

(1)不確実性や矛盾なしに現実を理解したい欲求

さまざまな変数が入り乱れる現代社会で、一つの出来事(例えば、なぜ自分の仕事はうまくいかないか)を一つの理由だけで説明することはほぼ不可能で、それを無理にするなら「悪意のある他者の陰謀」(つまり相性の悪い上司が嫌がらせしているからだ、など)という説明が最もシンプルで一貫性をもたせやすい(本当は自分に原因があるのかもしれないし、景気全体の問題かもしれない)。

タラントにとって、「白人世界を守った」と賞賛されるべき自分に終身刑が科される事態は「あってはならないこと」で、これを矛盾なく説明するには「裁判が不当だった」という理由づけが一番もっともらしいかもしれない。

(2)外から干渉されたくない欲求

基本的に陰謀論を信じやすい人は自分に自信がない人が多く、安心感を得るために他者とのかかわりを避けようとするが、それができない場合に「悪意のある誰かの陰謀」がイメージされやすい。

「裁判が不当だった」と言いながらもタラントが再審請求に踏み切らないのは、それが弁護士をはじめとする他者の関与を必要とするから、とみられる。そこに「悪意のある他者」への警戒心の強さを見出せる。

プロフィール

六辻彰二

筆者は、国際政治学者。博士(国際関係)。1972年大阪府出身。アフリカを中心にグローバルな政治現象を幅広く研究。横浜市立大学、明治学院大学、拓殖大学、日本大学などで教鞭をとる。著書に『イスラム 敵の論理 味方の理由』(さくら舎)、『世界の独裁者 現代最凶の20人』(幻冬舎)、『21世紀の中東・アフリカ世界』(芦書房)、共著に『グローバリゼーションの危機管理論』(芦書房)、『地球型社会の危機』(芦書房)、『国家のゆくえ』(芦書房)など。新著『日本の「水」が危ない』も近日発売

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシア外務省、カナダ放送協会のモスクワ支局閉鎖

ビジネス

米アンダーアーマー、フリスクCEO退任へ 6月1日

ワールド

インド、武器調達先の多様化模索 ロシア依存脱却へ

ビジネス

豊田自動織機の長草工場、19日夜シフトは通常稼働=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 6

    【映像】擬態したピューマと目が合ったハイカー、一…

  • 7

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 10

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 7

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 8

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中