コラム

トランプ政権誕生で中台関係はどう動くか

2016年11月14日(月)12時24分

Tyrone Siu-REUTERS

<台湾に「無関心」なトランプの米大統領選勝利により、不透明感を増す中台関係。蔡英文総統にはやりづらい相手だろうが、悲観的な影響ばかりとはかぎらず、従来は無理だった最新鋭の武器の購入も可能になるかもしれない> (台北で10月10日、台湾の建国記念日にあたる国慶日のパレードに参加する軍隊)

 台湾の蔡英文総統にとっては、米大統領選のトランプ勝利は、今年5月の就任以来、最大の衝撃だったのではないだろうか。それは、中国とは一定の距離を置きつつ、米・日と関係を深化させていくという外交戦略の行方が一気に不透明になったからだ。

 トランプ当選が明らかになった11月9日の夜、筆者は台湾である大手企業のトップと食事のテーブルを囲んでいた。「台湾、どうなりますかね」と問うた私に、このトップはこんな風に答えてみせた。

「誰にも分からない。だけど、小英(蔡英文のあだ名)が苦手なのは、相手の出方が分からない状況だ。何が起きるか分かっているとき、彼女は万全の準備を整えてから対応できる能力がある。だが、トランプは何をするか分からないとき、彼女の自慢の頭脳も役に立たない」

 恐らく、蔡英文の頭の中には、日本の官邸や外務省と同様、ヒラリー・クリントンの当選しか、ある種の願望を込めながら、存在しなかったのではないだろうか。トランプ当選を想像するだけで、これまでに積み重ねてきた多くのことが、もしかすると全く役に立たなくなってしまうからだ。

【参考記事】トランプ政権の対日外交に、日本はブレずに重厚に構えよ

 中国・習近平政権の要求する「92年合意」の受け入れを断固として拒んでいる蔡英文。中国観光客の削減や対話窓口の遮断など、プレッシャーは強まっている。しかし、追い込まれた感がそれほど強くはなかったのは、これまでうまく米国を味方につけていたことも大きい。選挙前の2015年にはタイム誌の表紙を飾り、米国訪問でもかつてない歓待を受け、国務省のビルの中にまで招かれた。米国を敵に回して最後は悲惨な目にあった民進党の陳水扁元総統と同じ轍を踏まないということが蔡英文外交の基本線だった。その蔡英文のスタンスに米国政府は安心し、オバマ政権内の評価は高かった。

【参考記事】熱狂なき蔡英文の就任演説に秘められた「問題解決」への決意

 台湾問題は米中関係に左右される。これは誰もが否定できない台湾情勢のイロハだ。中国は統一を求めるが、米国が盾となって台湾の安全を保障する。その代わり、台湾には大陸反抗などの行動は取らせない。そんな台湾問題こそ、米中間の核心問題だというのは中国自身の言である。米国も常に自らの戦略によって台湾を駒のように使ってきており、ニクソンの訪中でそれまでは米国の同盟国であった台湾はいったん投げ出されかけたし、オバマ政権のリバランス政策で台湾の「市場価値」は逆に上がったりした。

 トランプ政権の登場によって、公約通りに環太平洋パートナーシップ協定(TPP)がつぶれてしまえば、TPP加入による台湾経済の底上げを目指す蔡英文の戦略が挫折したことになる。TPPは蔡英文の外交政策の一丁目一番地とも言えるもので、ここが進まないとなると全体の絵が描きにくくなる。中国経済への過度の依存から脱却することを目指すため、TPPをテコに米日ASEANとの貿易・経済関係を強化して、中国との関係冷却化によるマイナスを補うという、差し引きプラマイゼロ的な勘定で組み立てられてきたからだ。

プロフィール

野嶋 剛

ジャーナリスト
1968年、福岡県生まれ。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学・台湾師範大学に留学。1992年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学の後、2001年からシンガポール支局長。その間、アフガン・イラク戦争の従軍取材を経験する。政治部、台北支局長(2007-2010)、国際編集部次長、AERA編集部などを経て、2016年4月からフリーに。中国、台湾、香港、東南アジアの問題を中心に執筆活動を行っており、著書の多くが中国、台湾でも翻訳出版されている。著書に『イラク戦争従軍記』(朝日新聞社)『ふたつの故宮博物院』(新潮選書)『謎の名画・清明上河図』(勉誠出版)『銀輪の巨人』(東洋経済新報社)『チャイニーズ・ライフ』(訳書・上下巻、明石書店)『ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち』(講談社)『認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾』(明石書店)『故宮物語』(勉誠出版、2016年5月)『台湾とは何か』(ちくま新書、2016年5月)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

政府分科会、18道府県のまん延防止追加を了承 きょ

ワールド

豪フォーテスキュー、10─12月鉄鉱石出荷は2%増

ワールド

米、UAEなど15カ国・地域に渡航中止勧告 コロナ

ワールド

途上国の債務返済、過去20年で最大に=慈善団体

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子の赤ちゃん

  • 2

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 3

    ジャスティン・ビーバーの高級車コレクション、1台200万ドルのスーパーカーとは?

  • 4

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 5

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り…

  • 6

    真偽を宙づりにするNHKの謝罪

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    勤続23年の国際線CA、まったくの別人だった 43年前…

  • 9

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 3

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 4

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 5

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 8

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 9

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 10

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中