コラム

描かれるアパレル帝国の闇 『グリード ファストファッション帝国の真実』

2021年06月18日(金)15時30分

こうしてパーティの招待客やスタッフだけでなく、難民までもが見せかけの古代ローマの世界に引き込まれていく。しかし、ふたりの登場人物が、その世界に反発し、マクリディに敵意を向けていく。ふたりの立場にはひねりが加えられているが、一方はユーモラスで、もう一方はかなりシリアスといえる。

ひとりは、父親であるマクリディとの間に深い溝がある息子のフィンだ。そもそもギリシャのリゾート地で古代ローマの世界を再現すること自体かなり滑稽なことだが、たまたまニックと言葉を交わすことになったフィンは、「オイディプス王」をネットで読んだといって、父親殺しについて語りだす。

そんなフィンは、マクリディの愛人に想いを寄せていて、パーティでは彼女とダンスを楽しむが、そこに現れた父親に引き離され、怒りに駆られてある行動に出る。その行動には、伏線と見ることができるエピソードがある。導入部でネコのようにおとなしいライオンを見たマクリディが、「景気づけにコカインは?」と語ることだ。

もうひとりは、スリランカ出身で、マクリディが経営するブランドで働いていたが、その倒産後に、マクリディの女性スタッフの部下になったアマンダだ。パーティの当日、奴隷の衣装に着替えたアマンダと出会ったニックは、その沈痛な表情に気づき、彼女の話を聞く。かつてアマンダの母親に起こった悲劇は、マクリディと無関係ではなかった。そんな過去を背負う彼女は、自分がマクリディの「奴隷」になったことを嘆く。

「衣装を着ているだけだ、本物の奴隷じゃない」

そこで思い出す必要があるのが、ウィンターボトムの以前の作品『トリシュナ』(11)のことだ。そのヒロインであるトリシュナとアマンダは深く結びついている。

父親のホテル経営を引き継ぐ前に、最後の休暇としてインドのラジャスタン州を訪れたイギリス在住のジェイは、そこで生活に困っているトリシュナと出会い、恋に落ちる。そんなふたりは対等な関係を築くかに見えるが、やがて保守的なラジャスタンの世界に囚われ、主従関係の呪縛から悲劇が起こる。

ウィンターボトムはかつて筆者がインタビューしたときに、その関係を以下のように語っていた。


「この映画の背景のひとつにツーリズムやポスト・コロニアリズムがある。ジェイや彼の父親はホテルを経営することによって、日本やヨーロッパの観光客をマハラジャの邸宅だった建物に泊まらせたりして、植民地時代の経験をさせる。特にふたつ目のホテルに移ったときに、ジェイはのさばり、それこそマハラジャの王子のような態度をとるようになる。そういう意味ではネガティブなイメージがあるけど、一方で、ラジャスタンでは実際にホテルが一大産業になっている。それが特に女性に雇用機会をもたらしている。でもそこには矛盾もあり、トリシュナは本当に奴隷のようになっていき、彼女の同僚にはキャリアになっている」

ウィンターボトムは、このトリシュナを強く意識してアマンダというキャラクターを作り上げている。しかし、その苦しみはニックには理解できない。「衣装を着ているだけだ、本物の奴隷じゃない」という彼の言葉はなんの慰めにもならない。だから彼女はある行動を出る。

強欲を肯定する主人公

そして、フィンとアマンダの行動が重なることで、「手品と悲劇は紙一重なんだ」という言葉がブーメランとなり、マクリディを襲う。ただし、それが本作の結末とはいいきれない。ウィンターボトムは、サッチャーとレーガンの時代以後を象徴する人物として、マクリディを描いている。タイトルの「グリード」は、『ウォール街』のゴードン・ゲッコーを思い出させるかもしれない。ゲッコーと同じようにマクリディも強欲を肯定する。彼は、リチャード・グリーディ・マクリディと呼ばれているが、そのグリーディは彼が学生時代に自分でつけたギャンブルネームだった。

では、マクリディが消えたら世界は変わるのか。本作のエピローグで、フィンとアマンダのその後を見ると、マクリディの言葉がひとり歩きし、この世界が「手品」と「悲劇」で成り立っているように思わざるをえなくなる。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米韓首脳が初会談、軍事演習拡大で合意 北朝鮮にワク

ワールド

ロシア、フィンランドへのガス供給を停止 ルーブル払

ワールド

中国が東シナ海に新たな構造物、極めて遺憾で認められ

ワールド

欧州でサル痘拡大、100人超感染か WHO20日に

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、勝手に乗り回していた意外な人物

  • 2

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカを見れば分かる

  • 3

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメが食い荒らす

  • 4

    ついにロシアを見限った、かつての「衛星国」たち

  • 5

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 6

    ロシア軍、マリウポリ制覇しても損害は甚大 「大規模…

  • 7

    ロシア、ウクライナへ新型レーザー兵器投入 数キロ先…

  • 8

    ベトナムと韓国の歴史問題「棚上げ」の思惑はなぜ一…

  • 9

    ついにロシア国営TV「わが軍は苦戦」、プロパガンダ…

  • 10

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 3

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプチューン」が戦局を変えた

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 6

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 7

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 8

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 9

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 10

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 6

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中