コラム

闇くじに翻弄される人々、ベトナム社会の闇をあぶり出す『走れロム』

2021年07月12日(月)11時00分

ベトナムの闇くじの二桁の数字の魔力が希望を奪う......  (C)2019 HK FILM All Rights Reserved

<ベトナムの労働者階級が熱中する「デー」という闇くじの魔力に翻弄される人々の姿を浮き彫りにする>

ベトナムの新鋭チャン・タン・フイ監督の長編デビュー作『走れロム』では、たった二桁の数字の魔力に翻弄される人々の姿をブラックユーモアも交えた独特の表現で浮き彫りにすることで、ベトナム社会の闇が炙り出されていく。

二桁の数字とは、労働者階級が熱中しているデーという闇くじのことを意味する。毎日公表される政府公認宝くじの当選番号のうち、下二桁だけを当てるという単純なルールなので、確率は悪くなく、当たれば大金が得られる。

数字にとり憑かれたサイゴンの少年

物語は、サイゴンの裏町にある古い集合住宅、その屋根裏に暮らす孤児の少年ロムのモノローグから始まる。彼がいかに数字にとり憑かれているのかは、生活空間を見ればすぐにわかる。壁には数字を刻んだプレートが打ち付けられ、屋根の上には、トランプのカードを輪ゴムでとめた空き缶が並んでいる。

この導入部の主人公ロムのモノローグとそれに合わせて挿入される映像は、ドラマの登場人物やデーの仕組み、そしてデーに対する奇妙な熱狂などを紹介する役割も果たすが、それをどうとらえるかによって、本作が切り拓く世界の深みも変わってくるように思う。

本作の出発点は、フイ監督が大学の卒業制作として作った短編『16:30』(12)にあり、主人公が同じであるだけでなく、本作に短篇の一部が挿入されるなど、深い繋がりがある。そんな二作を比較してみると、デーが持つ意味や重みがまったく違うことがわかる。

短篇のタイトルは、公認宝くじの当選番号が公表される時間を意味する。結果が出るとそれをまとめたゾー(当選番号票)がコピーされる。走り屋である主人公は、運ばれてきたゾーを買い、結果を心待ちにする人々にいち早く届けるために、3人組のライバルと激しい駆け引きを繰り広げる。フイ監督は、そんな彼らを追うことで、裏町とそこに暮らす人々をドキュメンタリーのように映し出し、さらに、駆け引きの間に変化する少年たちの心理を巧みに描き出している。

本作にはその短篇の設定や視点が引き継がれている。走り屋にして数字の予想屋にもなったロムには、フックという野心的で狡猾なライバルがいて、彼らは壮絶な衝突を繰り返す。手持ちカメラを駆使することで圧倒的な疾走感を生み出し、ドキュメンタリー的なアプローチもその視野を広げ、著しい格差を映し出す。

生活や思考にまで浸透している闇くじ

短篇からスケールアップしたそうした部分が、本作の大きな見所であることは間違いないが、決してそれだけの映画ではない。そこであらためて注目したいのが、登場人物たちとデーの関係だ。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者3億5

ビジネス

米テスラ格付け、「Ba1」へ2段階引き上げ=ムーデ

ビジネス

中国不動産開発の世茂、複合施設持ち分を国有企業に売

ビジネス

日経平均が2万7000円下回る、21年8月20日以

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子の赤ちゃん

  • 2

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 3

    ジャスティン・ビーバーの高級車コレクション、1台200万ドルのスーパーカーとは?

  • 4

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 5

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り…

  • 6

    真偽を宙づりにするNHKの謝罪

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    勤続23年の国際線CA、まったくの別人だった 43年前…

  • 9

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 3

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 4

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 5

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 8

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 9

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 10

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中