コラム

9.11テロ後、グアンタナモ収容所に14年拘束された『モーリタニアン 黒塗りの記録』

2021年10月28日(木)19時00分

ジョディ・フォスターが弁護士役で話題 『モーリタニアン 黒塗りの記録』(C) 2020 EROS INTERNATIONAL, PLC. ALL RIGHTS RESERVED.

<アメリカ同時多発テロの首謀者のひとりとしてグアンタナモ収容所に拘禁されている間に書いた『グアンタナモ収容所 地獄からの手記』の映画化>

ケヴィン・マクドナルド監督の新作『モーリタニアン 黒塗りの記録』は、モハメドゥ・ウルド・スラヒがアメリカ同時多発テロの首謀者のひとりとしてグアンタナモ収容所に拘禁されている間に書いた『グアンタナモ収容所 地獄からの手記』の映画化だ。2015年に出版された原作は、アメリカでベストセラーになり、世界20か国で刊行された。モハメドゥの拘禁は14年2か月に及び、2016年10月に釈放された。

2500か所を黒く塗りつぶされた手記

モハメドゥの手書き原稿は、出版までに2度の編集が行われている。まずアメリカ政府が検閲して2500か所を黒く塗りつぶし、それから原稿を託された人権運動の活動家/ライターのラリー・シームズが整理・統一した。出版された手記に黒く塗りつぶされた部分が散見されるのはそのためだ。

この手記には、祖国モーリタニアで拘束され、ヨルダン、アフガニスタンを経てグアンタナモで拘禁されたモハメドゥの体験、時期的には2000年から2005年に至る出来事が綴られている。それを忠実に映画化すれば、舞台も視点もかなり限定された物語になっていただろう。だが、マクドナルド監督は、手記の内容だけでなく、グアンタナモの外で起こっていたモハメドゥの運命を左右しかねない動きにも注目している。

具体的には、公益のために無償で弁護を引き受ける法律家チームのナンシー・ホランダーが、2005年に初めてモハメドゥと面会し、裁判も開かれないまま拘禁されている彼を救済するために、人身保護請求の準備を進めていた。一方、モハメドゥをなんとか起訴したい政府や軍も動きだし、海兵隊所属の検察官スチュアート・カウチ中佐が担当に任命され、証拠固めを行っていた。

本作では、そんな動きも視野に入れ、モハメドゥ、ナンシーとカウチの三者を中心に物語が展開していく。この三者の思惑が絡み合っていく構成は、見方によっては大胆な脚色ともいえる。原作で編集を手がけたシームズのはしがきによれば、モハメドゥは、弁護士との面会が実現してから間もなく、2005年の夏から初秋にかけて独房で手記を書き、それは機密扱いとなってワシントンに近い保安施設にしまい込まれた。

4,203,200_.jpg

『グアンタナモ収容所 地獄からの手記』モハメドゥ・ウルド・スラヒ著、ラリー・シームズ編、中島由華訳(河出書房新社、2015年)

「無実かは関係ない。拘禁の不当性を証明するだけ。同情は不要」

しかし本作では、ナンシーとの面会を重ねながら、2009年に行われる人身保護請求の審査に向けて、断続的に手記が書きつづけられ、内容が次第に核心に迫っていく。その一方で、カウチが、起訴するに足るだけの確かな証拠を求め、異なる立場から核心に迫ろうとする。もし、サスペンスの要素を強調するためだけにこのような脚色が施されたのであれば、いささか強引とも思えるところだが、そこには別の狙いがある。それを明確にするためには、ふたつの点に注目する必要がある。

プロフィール

大場正明

評論家。
1957年、神奈川県生まれ。中央大学法学部卒。「CDジャーナル」、「宝島」、「キネマ旬報」などに寄稿。「週刊朝日」の映画星取表を担当中。著書・編著書は『サバービアの憂鬱——アメリカン・ファミリーの光と影』(東京書籍)、『CineLesson15 アメリカ映画主義』(フィルムアート社)、『90年代アメリカ映画100』(芸術新聞社)など。趣味は登山、温泉・霊場巡り、写真。
ホームページ/ブログは、“crisscross”“楽土慢遊”“Into the Wild 2.0”

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

21年の首都圏新築マンション、過去最高の6260万

ビジネス

12月ショッピングセンター売上高は前年比6.0%増

ワールド

ドイツのショルツ新首相、2月に訪米へ

ビジネス

日経平均が昨年来安値2万6954円81銭を下回る、

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子の赤ちゃん

  • 2

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 3

    ジャスティン・ビーバーの高級車コレクション、1台200万ドルのスーパーカーとは?

  • 4

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 5

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り…

  • 6

    真偽を宙づりにするNHKの謝罪

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    勤続23年の国際線CA、まったくの別人だった 43年前…

  • 9

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 3

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 4

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 5

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 8

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 9

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 10

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中