コラム

大江千里が明かす、反ワクチン派と濃厚接触して「僕がショックを受けた理由」

2021年10月12日(火)14時25分

ミルウォーキーのフェスで観客は間隔を空けて飲酒していた SENRI OE

<自分が触れ合う人たちは新型コロナのワクチンを接種済みであるという「思い込み」は、相手にリスクをもたらすことも。日本と同じく市民の65%がワクチン接種済みのニューヨークで、大江千里が学んだこと>

ニューヨークは新型コロナウイルスのデルタ株の感染拡大がすごい。僕の友達もかかって味覚を失った。ただしワクチンを2回打っているので、大ごとにならず自宅にいる。

9月6日のレーバーデー(労働者の日)がオフィス再オープンののろしになるかと思えば、在宅勤務続行に切り替える企業が増えた。再開時期のめどはアマゾン社が来年1月、ニューヨーク・タイムズ社は今も未定。僕が関係するソニーのオフィスも、9月半ばに訪れたときには99.9%、人がいなかった。

レストランでの屋内飲食や美術館に入館する際などに、ワクチンを打ったことを示す「ワクチンパスポート」を見せることが義務付けられ、僕はIDを忘れて家を飛び出すことが多く、しょっちゅう中に入れない。

ブロードウェイミュージカルも復活したが、出演者、スタッフ、観客、全てがワクチンを接種していないとダメ。12歳未満の子供や健康上の理由があるなどで例外が認められる場合でも、ショー開始前72時間以内のPCR検査で陰性を証明する必要がある。劇場の中では、食べ物や飲み物が売られている場所以外でマスクを外すのはご法度だ。

一方で、周りのレストランは「やっとこの時がやって来た」という感じで再開の準備を進めている。

僕自身も9月初めにウィスコンシン州ミルウォーキーで開催されたフェスに出演したが、出演者、観客全員がワクチンパスポート提示、もしくはその場でPCR検査だった。会場が広大だからか大半がノーマスクで、でも全体の人数が少なく感染の危機感はさほど感じなかった。開催者側が入場者を分散させたのが良かったのかもしれない。

日本では「公演を見た後に友達と居酒屋で盛り上がるのが一番危ないから、終わったらそのまま帰ってください」と呼び掛けているそうだが、その考えは今のニューヨークにはないと思う。

飲食での感染を心配する人は初めから外に出ない。ワクチンパスポートで接種を立証できる人は、感染したとしても重症化はしない。それが現実的なニューヨーカーの安全に対するコンセンサスだ。

自分が感染させてしまうリスク

だがつい先日、撮影のためにメークをしてもらっているとき、至近距離で「実は私、アンチワクチン派」とメークの人が言った。「え?」「ワクチンしていない」「そ、そうなの」。一瞬戸惑いが声に出てしまう。

「どうかスタッフに言わないでね。バレたらクビになるかも」。僕が固まったのを見て、彼女は慌てて言った。僕は言わない。しかし混乱した。

その現場はパスポート必須ではなかったのかもしれない。彼女はPCR検査をして陰性だったのかもしれない。それより僕は「お互いに打っている」を当たり前だと思い込んでいた自分にショックを受けたのだ。

感染していても症状が軽く済むという前提でマスクなしでさんざんしゃべりまくったのだ。逆に僕が感染させてしまったかもしれないと思った。当然と言えば当然だが、違う方向から見ると安全に関しての見え方が全く異なることを身をもって知った。

その日以来、僕はマスクをする機会を増やす。この問題は単純ではない。開きつつある街で僕は思った。

プロフィール

大江千里

ジャズピアニスト。1960年生まれ。1983年にシンガーソングライターとしてデビュー後、2007年末までに18枚のオリジナルアルバムを発表。2008年、愛犬と共に渡米、ニューヨークの音楽大学ニュースクールに留学。2012年、卒業と同時にPND レコーズを設立、6枚のオリジナルジャズアルパムを発表。世界各地でライブ活動を繰り広げている。最新作はトリオ編成の『Hmmm』。2019年9月、Sony Music Masterworksと契約する。著書に『マンハッタンに陽はまた昇る――60歳から始まる青春グラフィティ』(KADOKAWA)ほか。 ニューヨーク・ブルックリン在住。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国恒大、債務返済資金確保できる「保証ない」 広東

ビジネス

中国当局、外為取引の規制強化 価格操作など禁止行為

ビジネス

中国の政策、海外IPOに必ずしも関連せず=証券監督

ワールド

中国空軍機の台湾周辺の飛行、「予行演習」のようだ=

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 6

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中