コラム

オリンピックイヤーの今年、日本は世界のリーダーでいられるか?

2020年01月30日(木)18時20分

日本がリーダーシップを発揮できる分野は……これだ! metamorworks/iStock.

<記念すべき2020年に、日本が国際社会でインパクトを与えられる分野は......>

開国からほんの数十年で、アジアで初めて先進国の仲間入りを果たした。世界で初めての平和憲法を持ち、世界第2位の経済大国に上り詰めた。過去に日本はリーダーであったのは間違いない。では、この先はどうなのか。リーダー役を務めるのか? 世界の注目を浴びるオリンピック・イヤーに、その答えをYes!にしたい。

では、どの分野に注力するのかを考えよう。

まず、イノベーションや貿易において頑張ろう。日本の国際特許の出願件数はアメリカ、中国に次いで世界3番目。日本人はノーベル賞をほぼ毎年獲るし、イグノーベル賞も13年連続受賞している(昨年は5歳児の1日当たりの唾液分泌量を解明した明海大の研究チームがまさにその「垂涎の的」を射た)。同時に、今や自由貿易の旗手となっている日本だが、自動車、電気機械、化学製品などの輸出品も依然として世界からの高い需要を誇る。最近一番話題になったのは、日本の自動車メーカーから楽器の箱でレバノンに空輸された「密輸品」だが、頑張ろう。

次は、環境の分野でも活躍できそう。人口が減り、都市化が進んでいる日本はCO2(二酸化炭素)の排出量を減らしやすい状況だ。クリーンエネルギーへのシフトを加速すれば、アジア一の環境保全国になれる。費用の面はなんとかなる。代替エネルギーのコストが暴落しているし、化石燃料の輸入にかけている年間20兆円を国内のクリーン発電に回すだけでも資金源には困らない。建設土地の問題に関しても、いい案がある。福島第一原発周辺の「帰宅困難区域」に大規模な太陽光発電所や風力発電所を作れば、原子力発電所数基分の電源を確保できる試算になる。東京までの高圧送電線は整っているし、土地の使用料が避難生活中の元住民の収入にもなる。電気と元気を東北に取り戻そう!
 
あとは、文化も日本の強み。日本の漫画やアニメは世界中で愛されるキラーコンテンツ。スポーツ界でも日本の選手やチームが存在感を増している。和食や日本酒も人気急上昇中。日本の文化は大奮闘中! 合言葉は、ワンピース! ワンチーム! ワンカップ大関! 

日本はこれらの分野で間違いなく活躍できるのだ。もちろん、莫大な投資や時間がかかり、研究開発やマーケティングにも注力しないといけないかもしれないけど。

LGBTQのために立ち上がろう

そこで、もう1つの分野を考えよう。お金も時間もあまりかけずに、すぐ国際社会のリーダーになれるもの。それはLGBTQ(性的少数者)の人権保障だ。

昨年、台湾が同性婚を認めるように法改正を行った。アジアで初めてだ。少しリードを譲ったね。しかし、インドネシアやサウジアラビアなどは同性婚どころか、同性同士の性的行為だけで死刑を含む厳罰対象となる国もあり、まだまだリーダーシップが必要。そこで日本が立ち上がろう。

日本国憲法に婚姻の規則として「両性の合意」があるから、すぐに台湾の真似はできないと言う人が多い。しかし、結婚と同等の権利を与えるシビル・ユニオン制度の設置は可能なはず。これならアジア初だ! しかも、台湾の同性婚制度は養子縁組に関して少し制限があるので、日本でそれをなくせば台湾を追い越し、リーダーになれる。もしくは、アジアで初めて、同性婚を認める憲法にするのも手。つまり、安倍さんの念願の憲法改正できるかもしれない! 「軍」ではなく「婚」で、狙っていたものと違うが、同じく歴史に残るのだ。 

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

ニュース速報

ビジネス

暗号資産、マスク氏ツイートで乱高下 ビットコイン週

ビジネス

訂正三井住友FG、今期純利益予想6000億円 社長

ビジネス

アマゾン、英国で今年1万人雇用へ

ワールド

中国探査機、15─19日に火星に着陸=国家航天局

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 2

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 3

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われることのない重罪

  • 4

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 5

    コカ・コーラ、マッキンゼー、ソニー...... ミャンマー…

  • 6

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 7

    インドの空港倉庫に国際支援物資置き去り 「どこに…

  • 8

    米物価上昇が意味すること

  • 9

    「話すことが苦手だった」メンタリストDaiGoの人生を…

  • 10

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 4

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中