コラム

世界が前澤友作に注目するのは、バツグンに「面白いお金持ち」だから

2020年01月28日(火)16時20分

2018年に外国特派員協会で宇宙旅行について会見した前澤 TORU HANAI-REUTERS

<お年玉ばらまき企画から月周回旅行のパートナー探しまで、桁違いのカネのかけかたがもれなく話題に>

世界が前澤友作(ゆうさく)に注目している。最近、BBCやCNN、ニューヨーク・タイムズなどがこぞって彼を記事にした。

お金持ちだからではない。前澤さんの資産額は10億ドル以上だが、そんなビリオネアは世界に2604人もいる。ドイツには資産額が4億ドル超の犬、グンター4世がいて、歌手マドンナから750万ドルの家を買ったこともあるという。マドンナはかつて750万ドルの犬小屋に住んでいた、とも言えるけど。

前澤さんが注目されるのは「面白いお金持ち」だからだ。まずアートコレクターとして話題になった。2016年に約62億円のバスキアの絵を含め、オークションで90億円近い「大人買い」をした。2017年にもまたオークションでバスキアの絵画を史上最高額の約123億円で購入。当然注目度が高まった。オークションでバスキアを売りたい人の間では。

昨年1月には、前澤さんの投稿が世界新記録となる430万回以上リツイートされたことも報じられた。ツイッター大統領ことドナルド・トランプの昨年の最高記録は約20万回。人気ラッパーを取り上げたときだ。前澤さんはそんなズルい手に頼らず、リツイートした人の中から100人に100万円ずつ配ると約束しただけ。他人の人気に便乗しない。福沢諭吉以外は。

しかし、大ブレイクは今年1月。2023年の宇宙旅行に「人生のパートナー」を連れて行くという、推定750億円のハネムーンを懸けたお見合い企画を発表したときだ。

「世界の平和を願っている」20歳以上の独身女性を募集し、今年3月末までに相手を決める一部始終がAbemaTVで放送される。世界の目を引き付けるのは当然だ。現に、そっくりの米リアリティー番組『お金持ちと結婚したい人は?』(2000年)は高視聴率を記録している(結ばれた2人がすぐに結婚の無効宣言をしたことは、縁起が悪いからここには書かない)。

#MeTooの時代に?

前澤さんは昔から世界のセンスに合わせている気がする。例えば、ミュージシャンとしての芸名はYOU X SUCK(ユーサック)。直訳すると「あなたはしゃぶる」だが、意味としては「おまえ、下手くそ」だ。ライブで「You suck!(ユー・サック)」と客席から叫ばれたとき、やじられているのか、応援されているのか分からない。実に面白い。

もちろん、誰もが彼を評価するわけではない。他の超お金持ちが社会貢献に取り組むのと違い、彼は自分の興味を満たしてばかりと批判されそう。ビル・ゲイツが感染症撲滅に励む一方、前澤さんは自家用ジェットの内装をエルメスで装飾する。また、はしゃぎ方が少年っぽくて、スペースXの創立者イーロン・マスクみたいに「ピーターパン症候群」と言われるだろう。ピーターパンも人気だけどね。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

ニュース速報

ビジネス

アマゾン、英国で今年1万人雇用へ

ビジネス

三井住友FG、今期純利益予想6000億円 社長「コ

ワールド

中国探査機、15─19日に火星に着陸=国家航天局

ワールド

ドイツのコロナ感染者、10万人当たり100人下回る

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 2

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 3

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われることのない重罪

  • 4

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 5

    コカ・コーラ、マッキンゼー、ソニー...... ミャンマー…

  • 6

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 7

    インドの空港倉庫に国際支援物資置き去り 「どこに…

  • 8

    米物価上昇が意味すること

  • 9

    「話すことが苦手だった」メンタリストDaiGoの人生を…

  • 10

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 4

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中