コラム

野村元監督に敬意を表し、トランプ弾劾を野球にたとえてみると

2020年02月21日(金)16時00分

17年にホワイトハウスで開催された米国製品の奨励イベントで野球バットを握るトランプ Carlos Barria-REUTERS

<トランプ米大統領は、ウクライナ疑惑をめぐる弾劾裁判で無罪評決を下された。でもこれを「民主党VS共和党」の野球の試合にたとえてみると、おかしなことがいっぱいある>

まずは先日亡くなった、われわれヤクルトスワローズ・ファンのヒーロー、野村克也元監督に心からお礼とお悔やみを申し上げます。

そして、少し野球の話をしよう。というのも、今回は野球をたとえに、ドナルド・トランプ米大統領の「弾劾ゲーム」をわかりやすく解説したい。監督の大好きな野球をこんな風に使うのは恐れ多いが。

例えば......
宿敵のライバル同士、チームAとチームBが連続試合を行っている。しかし、ちょっと変わったルールがあり、試合に勝つと「ホームチーム」となって次の試合の運用権を握り、そのチームのキャプテンが試合の仕切り役を務めることになっているのだ。

前回はチームAが勝ったとしよう。そこで、さっそくプレーボール!

おっと、始球式の前から、変な噂がスタジアム内を飛び交っている。どうやら前回の試合の間、反社会的勢力がスタジアムに忍び込み、空調システムをいじっていたようだ! なんと、チームAの打者がバッターボックスに立つときだけ、館内の空気がホームから外野へと流れるようにしていた。つまり、チームAの打者にとって「追い風」を作っていたのだ! しかも噂によると、そんな不正な協力をチームAのキャプテンが呼び掛けていたというのだ! (ちなみに、この空調テクニックは実際にMLB[大リーグ機構]のスタジアムで使われていた)

噂について調べることになる。特別審査の結果、反社会的勢力が試合に介入したことや、キャプテンがそれを呼びかけたことは確認された。さらに、チームAのキャプテンがずっと捜査を邪魔しようとしていたことも報告した。しかしそこで、ルール委員会長は報告を受け「ノープロブレム」と言う。

ちなみに、「特別審査委員長」はチームAの応援団の一人で、「ルール委員会長」はチームAのキャプテンが指名した人だ。ホームチームの特権っていいね!......プレーボール!

ちょっと待って! またすぐに噂が! 今回は外野側の空調をいじって、チームBの選手がバッターボックスに立つとき外野からホームへと「向かい風」を吹かすという、新しい密計が発覚した。それもチームAのキャプテンが企み、スタジアム入り口の警備の人に実行を頼んでいるという! しかも、キャプテンが握る、警備費の支払いを交換条件に出して圧力をかけているようだ。

この謀策はチームAのメンバーからの内部告発でばれるが、ルール委員会が告発の内容を「ノープロブレム」と判断し、報告書を隠す。プレーボール!

いや、さすがにそうはいかないだろう!

そこで、民主党はトランプの手下に捜査を任せないで、ウクライナ疑惑を弾劾で......。

あっ!ごめん。たとえ話の途中だったね。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

ニュース速報

ビジネス

暗号資産、マスク氏ツイートで乱高下 ビットコイン週

ビジネス

訂正三井住友FG、今期純利益予想6000億円 社長

ビジネス

アマゾン、英国で今年1万人雇用へ

ワールド

中国探査機、15─19日に火星に着陸=国家航天局

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 2

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 3

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われることのない重罪

  • 4

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 5

    コカ・コーラ、マッキンゼー、ソニー...... ミャンマー…

  • 6

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 7

    インドの空港倉庫に国際支援物資置き去り 「どこに…

  • 8

    米物価上昇が意味すること

  • 9

    「話すことが苦手だった」メンタリストDaiGoの人生を…

  • 10

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 4

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中