コラム

聖火ランナーになって分かったオリンピックの価値

2021年07月17日(土)17時30分

現実的な不安や反対意見があることは否めない。しかし、開催か中止か、仮に僕の判断に任せられたらどうしたのか、正直わからない。秋まで、または来年まで延期するのが一番の正解だったかもしれない。でも秋はアメリカでワールドシリーズやアメフトのシーズン開幕があるからIOC(国際オリンピック委員会)に巨額の放映権料を払っているNBCが嫌がるし、来年は冬季オリンピックがあるから今度はIOCが嫌がる。

今夏の総選挙後の開催は、自分が総理大臣じゃなくなる可能性があるから安倍晋三首相も嫌がった、という報道もある。真相はわからないが、少なくとも、IOCのバッハ会長は延期はないと断言している。中止するなら日本の契約違反となり、弁償する責任も生じ得る。少なくとも、今回の五輪を教訓に、今後は開催国が延期する権利がない五輪契約は2度と結ばれないだろう。

でも、現在の条件下で、中止より開催を選んだ政府の判断はわからなくはない。

僕個人の立場は少しずるいかもしれない。延期はしないと、IOCは決めた。中止はしないと、日本政府は決めた。だから、僕がリレーに参加した時点では「やることが決まったからには、選手を一生懸命応援するしかない」という言い方で逃げられる。ダイエット中の僕が「どうせ家にあるから」と、妻が買ってきたポテチを平らげてしてしまうときにも使う手だ。

大会が閉幕したら、感染者数、重症者数、死亡者数などのデータを見て、開催の判断と運営の方法を検証する日はくる。反省する点もきっと見つかる。コメンテーターとして批判する時期もまた来るかもしれない。でも、今のところ、僕はオリンピックを楽しみたい。スポーツの価値を信じるから。
 
選手にとって、五輪は4年(というか、だいたい10何年以上)もの努力が報われる大チャンス。スターが生まれ、競技自体の知名度を上げてスポーツ全体を盛り上げる絶好の大舞台でもある。でも、やる側だけではなく、観る側にとっても、とても有意義なものだ。白血病を乗り越えて復帰を果たした池江璃花子選手の活躍は闘病中の方にどれほどの勇気を与えることか。

母子家庭で育ち毎日片道3キロを走って小学校に通った男子マラソンケニア代表のキプチョゲ選手の走りは厳しい経済環境に置かれている人々にとってどんなにか希望か。さまざまな身体障碍を抱えながら人間の可能性を見せる全てのパラリンピック選手はあらゆるハンデを乗り越えて挑戦し続ける人々にどれほどのインスピレーションになることか。それは、おそらく僕の想像を超えるほどのものだろう。きれいごと抜きで、アスリートの勇姿に励まし、勇気、元気、希望をもらう人は必ずいる。

そして、その励まし、勇気、元気、希望が今こそ必要ではないか。僕はそんな思いで聖火ランナーを務めさせていただいた。(もちろん、自己満足の部分もあるが。例えば、報道陣に質問されるたびに「みんなに届いてほしい、この光が」のように、コメントを全部、トーチにかけて「倒置法」でしゃべったのも完全なる自己満足。テレビで丸ごとカットだったし。)

初対面で熱いキス

公道を走れなかったのは残念。会場でも「聖火ランナー」とずっと呼ばれていたが「ランナーと言われても走っておらんな~」と、ダジャレを交えつつ少しがっかりした。でも、ここでも発想の転換ができるかもしれないと思った。セレモニーという形になったおかげで、ほかのランナーと同じ場所に集ってじっくりお話が聞けて、逆に得した気がする。

ある女子大学生は、自分のお父さんが生まれた日に、たまたま1964年の東京オリンピックの聖火リレーが病院の外を通ったという。それを見たおばあさんは、生まれたての赤ちゃんの名前に「光」を入れることにした。今回、その「光郎さん」の娘がランナーを務め、3代にわたる夢が叶ったのだ。

リレーを僕につないだ方は、キューバでの事故で昏睡状態になり、目覚めても体が不自由だった。それから10年かけてリハビリに励み、ランナーを務めるためさらに努力して、少し走れるようになった。その話を教えてくれたあと、彼女がトーチを手に僕が待っているところまで10歩歩いてくる姿を見て、目頭が少し熱くなった。

彼女をランナーに推薦し、ガイド役を務めた女性も実は大物。前回の東京五輪の女子バレー代表のメンバーだ。そう!その日、西東京市に東洋の魔女がいたのだ!

そんなメンバーに僕が入ったのは、本当に光栄だ。最終ランナーだった僕がみんなのトーチキスを受け継いだのも感動しきり。これも今回だけの特別な体験かもしれない。考えてみれば、濃厚接触が大好きな僕でも1年以上、他人とハイタッチも握手もしていない。そんななか、初対面のすごい人たちと、燃えるほどの、熱い「キス」を交わしたことになる。

今回のオリンピックも国民に同じような感動を与えてほしい。外食も海外旅行も濃厚接触もなかなかできない状況だが、日本と世界のすごい人々に出会える。感染拡大の不安もあるかもしれないが、直に見てみればきっと世界最高峰の競技が琴線に触れるだろう。感染より琴線!......というポスターもやめておこう。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米韓首脳が初会談、軍事演習拡大で合意 北朝鮮にワク

ワールド

ロシア、フィンランドへのガス供給を停止 ルーブル払

ワールド

中国が東シナ海に新たな構造物、極めて遺憾で認められ

ワールド

欧州でサル痘拡大、100人超感染か WHO20日に

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、勝手に乗り回していた意外な人物

  • 2

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカを見れば分かる

  • 3

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメが食い荒らす

  • 4

    ついにロシアを見限った、かつての「衛星国」たち

  • 5

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 6

    ロシア軍、マリウポリ制覇しても損害は甚大 「大規模…

  • 7

    ロシア、ウクライナへ新型レーザー兵器投入 数キロ先…

  • 8

    ベトナムと韓国の歴史問題「棚上げ」の思惑はなぜ一…

  • 9

    ついにロシア国営TV「わが軍は苦戦」、プロパガンダ…

  • 10

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 3

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプチューン」が戦局を変えた

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 6

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 7

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 8

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 9

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 10

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 6

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中