コラム

アメリカから見ると自民党はめっちゃリベラルです

2021年09月25日(土)17時40分

「保守」を標榜しつつ、意気軒高にリベラルな政策を主張するみなさん Kimimasa Mayama/Pool/REUTERS

<富の再分配に弱者救済...自民党総裁選の候補たちの主張は、アメリカ基準では完全にリベラル。もう「保守」と名乗らなくてもいいんじゃない?>

自民党の総裁選挙を9月29日に控えて、またまた日本の政治の「不思議」に僕は驚かされている。今回特に目立っているのは「保守だ!」と大声で主張しながら、アメリカ人から見て完全に「リベラル」なレトリックを繰り出す候補たちだ。

分かりやすいのは河野太郎氏。NHKの『日曜討論』では「これから少子高齢化の日本の中で大事なのは人が人に寄り添っていく、安心感がある、ぬくもりのある社会だと思う。本来保守主義というのは、度量の広い温かい寛容な社会を目指すのが保守主義なんだと思う」と述べた。

安心感、寄り添う、度量の広い、寛容。こういった形容詞は、手厚い社会福祉制度が働く、ダイバシティーを受け入れるインクルーシブな社会を目指すリベラル派が普段使うものだ。アメリカでは、規制を廃止し、減税しながら公的サービスの削減を目標にする「小さな政府」主義の保守政策を表現するとき、「ぬくもり」なんか用いられない!

これらの形容詞に「本来の保守主義」をくっつけるのは、アメリカ人の感覚では「肉汁あふれる、うまみと脂身たっぷりでなめらかな舌触りの......レタス」のような、意外過ぎる発言になる。

野田聖子候補においても同じような現象が見受けられる。立候補表明をしたぶら下がり会見では弱者救済を中心に立候補の動機を述べた:「これまで主役になれなかった女性、子ども、高齢者、障害者が生きる価値があると思える保守の政治をつくりあげたい」。ほかの場でも、LGBTQ、貧困、孤独などに苦しむ人々に寄り添うとして、「全ての国民が力を発揮できる『フェア』な制度」を目指すと宣言している。

アメリカ人が理解する保守は実力主義の社会を理想とする。弱者救済に政府が執着すると、結局は実力で成功した人の資産を取り上げたり、優秀な「強者」から公平なチャンスを奪ったりする結果になる!というロジックに沿って、いわゆる救済策に原則として反対する。野田さんが言っている「フェア」はアメリカの保守が考える「アンフェア」に当たる。まあ、バンジージャンプをする前に日本語でなぜか「万歳!」と叫ぶアメリカ人もいるし、外来語の使い方は自由ということにしようか。

高市早苗さんでさえ「リベラル」

河野さん、野田さんは「保守」と名乗りながら、女系天皇や同性婚という「先進的な」制度を認める、あるいは検討すると公言している。一方、これらに関して、岸田文雄さんや高市早苗さんは「反対」あるいは「認めない」として、保守色を濃くしている。

だからと言って、後者の2人がピュアな保守派とは思えない。岸田さんは富の分配を通して格差社会の是正を目指す!子育て世帯の住居費や教育費を支援する!日本の過去の植民地支配を謝罪した「村山談話」を維持する!などと、アメリカの民主党どころか、日本の共産党のマニフェストにも載りそうな、リベラルな公約を多く掲げている。

高市さんは敵基地攻撃能力を保有可能にする法整備を目指す!首相就任後も靖国神社に参拝する!などの公約で、ほかの三人よりバリバリな保守アピールができている。独立主義、実力主義の一面もありそう。高市さんの公式サイトを検索してみたが「弱者」という単語自体がほとんど登場しない。過去のコラムに「デジタル弱者」はあった。あとは「弱者のふりをして税金をだまし取る」といったニュアンスで使われるぐらいだ。これは本物の保守派だ!

と、確かにそのように見えるが、それでも高市さんでもアメリカの保守理念にはそぐわないだろう。例えば、高市さんは銃の保有権利を主張しないでしょう?銃どころか、刃渡り6センチ以上の刃物でさえ持ち歩けない日本の現状にも文句はなさそう。また、高市さんは、レイプや近親相姦による妊娠も含む例外なしの人工妊娠中絶禁止令を、僕が知っているかぎりでは推していない。

同様に、高市さんは文部科学省を廃止したいとは言っていないはず。なにより、高市さんは立憲民主党や共産党など、対立する政党の支持者が多い選挙区の投票所を減らしたりして他党に入る票を減らそうとしていないでしょう?アメリカの保守派政治家にはこれらの政策が欠かせない。......高市さんはやはりリベラルだね、アメリカでいえば。

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

先端技術開発の基金創設へ=山際経済再生相

ワールド

トルコ中銀総裁、解任委員が利下げに反対との観測否定

ビジネス

焦点:中国指導部、景気減速でも不動産規制堅持 実行

ビジネス

アングル:気候変動対策で企業が出張削減、対応迫られ

MAGAZINE

特集:ドキュメント 中国撤退

2021年10月19日号(10/12発売)

規制と圧力、そして始まる新・文化大革命 見切りをつけた外国企業にいよいよ撤退の兆し?

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 3

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女性を狙う、猛スピードの男

  • 4

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 5

    現地取材:中国から外国企業が「大脱出」する予兆が…

  • 6

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 7

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 8

    中国不動産バブルの危険度を、さらに増幅させる3つの…

  • 9

    再生可能エネばかりを重視したヨーロッパがはまった…

  • 10

    日本の秋の風景とは少し趣が違う? 世界各地の「紅葉…

  • 1

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 2

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 3

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里が、それでも3回目を接種する理由

  • 4

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 5

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 6

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 7

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブ…

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 8

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 9

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 10

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中