コラム

群馬ファンの僕がメディアに言いたいこと(パックン)

2021年11月30日(火)17時00分

アンケートには魅力度の他に「認知度」や「イメージ」の項目もあるし、「地域ブランド調査」という調査の名前からも分かる通り、このランキングが測っているのは各地の知名度やブランド力だ。この2つなら実体験に加えて、メディアから伝わってくる情報に基づいて答えていいはず。人の印象を聞いているので、誰でも回答する資格はあるし、それを集計する意義もある。ブランディングはむしろ訪れたことのない人向けの活動なので、このブランド調査の結果が、知名度アップを狙う各自治体の広報室にとって参考になるだろう。

でも、ブランドと魅力は違う。例えば、魅力的な人はどんな人だろう?才能のある、面白くて優しい人かな?では、その人が自分の素敵さをよくアピールしていれば、より魅力的な人になる?いや、ならない。本人の才能、面白さ、優しさなどは変わらないからね。まあ、「自慢話が上手!」という新たな加点はあるかもしれないけど。

でも、県が地元の観光スポットや生産品、素敵な企業や文化を広告で流すと、翌年の「魅力度ランキング」は上がる。前回最下位だった栃木県もそういう作戦で41位にジャンプアップした。そう考えると、今回は山本一太知事が猛反発したことが大きく取り上げられたおかげで、群馬県の「魅力度ランキング」も来年は上がるはず。でも、それはおかしい。知名度は上がるかもしれないが、県の魅力自体は変わっていないのにランキングが変わるわけでしょう?まあ、「不満話が上手!」という新たな加点はあるかもしれないけど。

キャッチーな主張のワナ

やはり認知度と魅力度は分けて考えるべきだ。「ブランド」や「イメージ」ではなく「魅力度」としてこの調査結果を伝えると、これは立派な語弊になる。調査会社も自社ブランドを守るためにも、やり方を直した方がいいかもしれない。だがそれよりも、本当の意味を伝えずに、いかにも正しく「魅力」を測ったかのように「魅力度ランキング」を報じたメディア側の責任が大きいだろう。

残念ながら、多くのニュースで似たことが繰り返されている。ソースも主張の根拠も吟味せずに発信された情報が滝のように流されているのだ。特に、極端でキャッチーな主張が広まりやすいインターネットの時代だからなのか、メディアの報じ方を見るとこういった疑問がよく思い浮かぶ。

・本当にバズっている?
・何人の不満で「苦情が殺到している」となる?
・専門家の見解とネット情報を対等に扱うのはOK?
・世界三大○○とは、誰が決めたもの?
→例えば、世界三大料理はなぜトルコ、中華、フレンチなの?イタリアン料理は?和食は?イギリス料理は?(突っ込みは読者にお任せします)

プロフィール

パックン(パトリック・ハーラン)

1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米国株式市場=景気懸念で急反落、決算嫌気しターゲッ

ビジネス

5月ロイター企業調査:中国のコロナ政策は悪影響、7

ビジネス

5月ロイター企業調査:円安進行で「大規模緩和修正が

ビジネス

スイス中銀は他の中銀の「人質でない」、独自に政策運

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 6

    【映像】擬態したピューマと目が合ったハイカー、一…

  • 7

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 10

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 7

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 8

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中