コラム

白雪姫を「禁書」にする共産党の危機感

2017年03月17日(金)14時40分

≪中国語原文≫
现在在中国,如果夫妻准备要生小孩,除了储备进口奶粉和尿布,他们还要囤积外国的儿童读物,因为,这些书很快都会看不到了。

儿童图书是中国图书市场最畅销的种类,然而中文的优质儿童图书非常少,所以出版社大量引进海外儿童图书。中国有很多年轻的家长,从小给他们孩子看的都是外国的儿童绘本,小孩也喜欢看,英美日等国家的价值观就这样潜移默化地影响了孩子,他们非常感谢这些绘本让孩子的心灵变得更美好。

然而,最近网上流传的禁令让这些家长再次震惊,新一轮关于"要不要移民"的讨论又开始了。

有知情者向外界透露,中国的监管部门为了限制外国思想渗透,强化意识形态的管控,已经下达了限制外国儿童读物的政策,未来中国每年翻译出版的外国儿童图书将从数千部减少到数百部。有意思的是,这种限令并没有书面证据,没有公开的文件,仅仅是口头传达,所以媒体拿不到证据,对消费者来说只有实际感受才能验证事实。然而已经有出版社的编辑在网络上哀叹,他们已经不能再出版任何外国的儿童图书。

除了口头指令限制引进儿童图书的翻译出版,在销售环节也开始了更严厉的管控。中国网络销售巨头淘宝网公布了通知,自3月10日起,禁止任何卖家在淘宝网提供境外出版物的代购服务。

有网友讽刺道:"还好我们早生了几年,不然以后连白雪公主,木偶匹诺曹,哈利波特这些故事都看不到了。"

中共当局为什么要这么做呢?因为他们意识到抵御西方价值观,要从控制孩子的思想做起。去年底,中国已经开始限制私立中小学校的国际课程,提出教育必须"牢牢把握国家主权和意识形态",那些不愿意移民的中产阶级家长们,把孩子送进昂贵的私立学校,就是为了避免公立学校的洗脑政治教育,然而中共的控制欲是无穷的,党化教育正一步步渗透到任何试图抵抗的领域。

2015年时,中国教育部部长袁贵仁曾经公开表示"绝不允许传播西方价值观的教材进入课堂",看到这样的言论,我不仅浑身涌起寒意,中国的未来会变成什么样子?而现在,凛冽的寒意正默默地无情地扩散着,再迟钝的人都感觉到了严冬即将到来。

プロフィール

辣椒(ラージャオ、王立銘)

風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

焦点:北欧2カ国のNATO加盟に「待った」、トルコ

ビジネス

気候変動巡る投資家主導の取り組み、成果なく強化必要

ワールド

中国情報機関職員ら起訴、米居住の反体制派に諜報活動

ワールド

今年も米でサル痘感染確認、マサチューセッツ州で1人

今、あなたにオススメ

>

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 6

    【映像】擬態したピューマと目が合ったハイカー、一…

  • 7

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 10

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 7

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 8

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中