コラム

「ケネディの匂い」がしないバイデン大統領

2021年02月23日(火)18時00分

写真は1961年5月に撮影されたケネディ大統領とジャクリーン夫人 Abbie Rowe/The White House/REUTERS

<国難にあたって沈思黙考するリーダー像は、今や過去のものになっているのかもしれない>

先日、あるウェビナーの席で興味深い質問を受けました。「歴代の民主党政治家はみんなケネディの匂いがするのですが、バイデン大統領にはそれがありません」としたうえで、その理由をたずねられたのです。その瞬間、確かに「なるほど、バイデンにはケネディの匂いがしない」という点で、私もそう思ったのですが、問題はその理由です。

その時、咄嗟に答えた内容に加えて、その後に思いついたことも加えて考えてみたいと思います。

その前に確認ですが、20世紀後半から現在に至るまで、民主党の主要な政治家にはどこか「ケネディの匂い」がありました。例えば、大統領になった人物では、ビル・クリントン、バラク・オバマなどには、そんな雰囲気がありました。選挙に負けて大統領になれなかった人物でも、例えばデュカキスとかゴアにも、それはあったように思います。ヒラリー・クリントンにしても、どこかケネディの民主党という雰囲気は持っています。

ですが、確かにバイデン大統領にはそれがありません。考えてみれば、アメリカ史上でケネディとバイデンというのは、カトリックの大統領ということでは、この2人だけという共通点があります。ですが、確かにバイデンにはケネディの民主党という匂いはしません。

バイデン独自のキャラ

1つは地域性だと思います。ケネディ的なるものの背景には、アメリカの北東部、特にその北に位置するニューイングランドという地域性があります。例えばデュカキス、ゴア、オバマは、みんなハーバードの法科大学院の出身ですし、クリントン夫妻も法科大学院はイエールです。

これに対して、バイデン大統領は生まれがペンシルベニア州のスクラントンで、幼い時期にデラウェアに転居。今もここがベースです。大学もデラウェア大学とシラキュースの法科大学院ですから、ニューイングランドの地域性よりは西になります。

2つ目は、キャラクターということだと思います。特に20世紀後半の民主党政治家は皆、ケネディのカリスマをどこかで真似ている印象がありました。地域的には接点のない(コネチカットの潜水艦基地勤務だったのは事実ですが)カーターにしても、ケネディと世代が近かったこともあり、どこか比較されていたのは事実です。

ですが、バイデン大統領の場合は、苦労人だということ、家庭内の悲劇を背負っていること、そのくせ人懐っこい憎めない人柄ということなどから、「バイデンというキャラ」が立っているわけです。嫌いな人には「失言大魔王」のように思われていることも含めて、ケネディとイメージ的に重なるところがない独自のキャラクターなのだと思います。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

ドイツのコロナ感染者、10万人当たり100人下回る

ワールド

政府、3道県への緊急事態・群馬など3県へのまん延防

ビジネス

東芝が10月に新中計、事業再編視野 非上場提案も検

ワールド

新型コロナ起源、研究所からの漏えい排除できず=著名

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 2

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 3

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われることのない重罪

  • 4

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 5

    コカ・コーラ、マッキンゼー、ソニー...... ミャンマー…

  • 6

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 7

    インドの空港倉庫に国際支援物資置き去り 「どこに…

  • 8

    米物価上昇が意味すること

  • 9

    「話すことが苦手だった」メンタリストDaiGoの人生を…

  • 10

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 4

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中