コラム

3.11から10年、迷走する日本のエネルギー政策

2021年03月11日(木)15時50分

福島第一原発の事故以降、混乱が続く日本のエネルギー政策の出口はいまだ見えない Sakura Murakami-REUTERS

<脱炭素への転換を迫られるなか、日本に残された選択肢は限られている>

2011年3月11日の東日本大震災から10年の歳月が流れました。震災と津波の悲劇はまだ生々しいものがあります。同時に福島第一原発の事故が起こした日本のエネルギー政策の混乱は、ここへ来て新しい段階に入っていると考えられます。

原発事故に関しては、事故の結果として線量を浴びて、直接そのために亡くなった人はいません。また事故の本質は、全電源喪失による冷温停止失敗という具体的な事故であり、震災の揺れによる配管や構造物の破損が起きたわけではありません。また、世代の新しい福島第二や女川で過酷な震度に直撃されたにもかかわらず安全な冷温停止ができたことは、軽水炉技術の安全性を証明したとも言えます。

ですが、事故の結果としてもう1つの巨大な現実が生まれました。それは、人間は直感的に理解のできない、未知なるものには強い警戒心を抱くという性質です。これは人間という種の持っている危険回避の本能に根差しており、誰もこれを批判することはできません。

原子力技術については、元素周期表に親しみ、重金属の核分裂反応による放射線の発生の原理、そして人体に対する放射線の作用などを理解することで、この本能的な忌避感情を残り超えて、原子力の平和利用におけるリスクと効果の議論に入ることはできます。

脱炭素社会への変革

だからといって、物理学と化学のリテラシーがないことで生まれる本能的な忌避感を否定することはできません。なぜなら、有権者の全体にそのような教育を施してこなかった責任は政府にあるからです。それ以前の問題として、危険回避の本能的な心情を否定するということは、否定された立場からすると、自身の安全確保の権利を否定されたことになるからです。

いずれにしても3.11は、日本のエネルギー政策における原子力の平和利用という選択肢に強いしばりを残しました。けれども、エネルギー政策という問題では、近年の情勢には新しい進展があります。

それは、菅政権が脱炭素社会を掲げたということです。そうなれば、化石燃料の使用は止めなくてはなりません。火力発電を止め、ガソリン車を止めるとなれば、水素の輸入しか道はなくなります。太陽と風力には日本の電源を支える能力はないからです。

具体的には、政府としては豪州に大規模な水素分解工場を作ってもらって、そこから専用船で日本に液体水素を運ぶ計画があります。すでに液体水素の運搬船開発のプロジェクトは進んでいます。豪州ではどうやって液体水素を生成するかというと、エネルギー源には褐炭という最低品質の石炭を使用します。もちろん、水から水素を分解するにあたっては、二酸化炭素が出ます。

計画では、この二酸化炭素は地層内に永久的に埋設処分することになっています。核廃棄物の地層処分に似ています。ですが、半減期を経ることで無害化してゆく核廃棄物と違って、文字通り永久となる二酸化炭素の埋設を他国に依存するというリスクは大きな不確実性を残します。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

ビットコイン、アジア時間の取引で安値から戻す 5万

ワールド

北海道への緊急事態宣言、機動的に判断したい=加藤官

ワールド

ジョンソン英首相、政府のコロナ対応巡る調査を来年開

ビジネス

前場の日経平均は続落、500円超安 米インフレを警

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 2

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 3

    横溝正史、江戸川乱歩...... 日本の本格推理小説、英米で静かなブーム

  • 4

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 5

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 6

    天才実業家イーロン・マスクの奇想天外な恋

  • 7

    元気過ぎるトランプの現在...韓国など同盟国を攻撃し…

  • 8

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 9

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 10

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 9

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 10

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中