コラム

スキャンダル続きのクオモNY州知事、政治的サバイバルはできるのか?

2021年03月30日(火)15時30分

クオモNY州知事はしぶとく辞任を回避しているように見えるが Brendan McDermid-REUTERS

<一連のスキャンダル攻撃を仕掛けているのは共和党ではなく実は民主党内の左派>

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事といえば、2020年3月~5月にかけての、ニューヨーク州における新型コロナウイルス感染の第一波では、一度は英雄になりました。当時のトランプ政権と渡り合って医療体制を構築する一方で、毎日昼から州庁舎で行った定例会見は好評であり、危機管理のプロという評価が国内外から寄せられました。

ところが、2021年に入ると知事への州内での評価は激変しました。まず2月上旬には、前年3月におけるコロナ対策の見込み違いから、長期滞在型の高齢者施設において、避けられたかもしれないコロナ死亡が発生したという批判が出ました。これは、知事としては確保すべき病床数を多く見積もり過ぎたためであり、報告数字の操作をしているという疑惑を含めて、一部誤解も含まれていたことから沈静化しました。

2月下旬になると、これに代わって、知事個人に関するセクシャルハラスメントの告発が続きました。告発者の数は多く、一時は辞任やむなしという雰囲気が漂いました。ですが、本格的に州議会が弾劾のプロセスを進めようとすると、告発者の中から証言拒否をする女性が複数出ており、また疑惑に対して否定的な女性部下が出るなど、一時期見られたような窮地からは脱した形です。

知事の場合は、例えば「Me Too」運動の発端となった映画プロデューサーなどとは違って、性的暴行や虐待の容疑があるわけではなく、うっかり職場の女性にも「馴れ馴れしくしてしまった」という延長の言動を問われているものです。

現在の価値観からすると「女性が不快に思ったら即アウト」なのは確かです。ですが、政治的に悪玉になった途端に過去のその人との関係が突然不快になるということでは、いくら何でも恣意的に過ぎるわけです。ですから、その点で節度のある女性は証言拒否に回っているようです。そんな中で、現時点ではこのセクハラ問題については、逃げ切れるかは五分五分というところです。

ワクチン問題は解決

さらに3月になると、コロナ絡みのスキャンダルが出てきました。まず、PCR検査について、近親者が簡単に受けられるように便宜を図った疑惑が報じられました。この疑惑については、まだくすぶっていますが、PCR検査へのハードルの低いアメリカでは大きな問題にはならない可能性もあります。

一方で、ニューヨーク州の各郡に対して知事の側近が「知事に忠誠を誓わないとワクチンを割り当てない」と恫喝したという報道が出た際には、「さすがの知事もこれはマズイのでは」という印象が広がりました。ところが、その後、ニューヨーク州へのワクチンの割り当て状況が好転し、4月6日からは、接種対象者の年齢を16歳以上に引き下げる、つまり16歳以上の全員について接種するメドがつくこととなり、この疑惑も余り問題にならなくなりました。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ビジネス

経済は基調として持ち直し、先行き当面下振れリスク=

ビジネス

トヨタが下げ渋る、まとまったロットの売り消化 実需

ビジネス

マスク氏、テスラ車購入でビットコイン使用停止 環境

ビジネス

ヘッジファンド、コロナ後もネットビジネスの好調見込

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 2

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 3

    横溝正史、江戸川乱歩...... 日本の本格推理小説、英米で静かなブーム

  • 4

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 5

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 6

    天才実業家イーロン・マスクの奇想天外な恋

  • 7

    元気過ぎるトランプの現在...韓国など同盟国を攻撃し…

  • 8

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 9

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 10

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 9

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 10

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中