コラム

ヴァレンティノ炎上CMで、踏まれているのは「帯」なのか「布」なのか?

2021年04月01日(木)15時15分

では、亡くなった寺山監督に対して失礼かというと、そうでもないのです。というのは、鏡花の小説がテーマとしているのは、「純粋な悲恋」や「難産で落命した母子など死者への追悼」であり、映画版とは異なるからです。小説としては「入れ子」構造にしながら怪異小説の体裁も取るという凝った造りにしていますが、核にある価値観は鏡花らしく筋が一本通っています。

ということは、屈折したセクシャリティの表現を多用している寺山作品自体が原作の鏡花の作品を、歪曲しているとも言えます。ですから、今回のCFが『草迷宮』のモチーフだけを使って、さらに別の表現にしているのは、全く問題はないと考えられます。また鏡花の作品『草迷宮』についていえば、アニメ『攻殻機動隊』やマンガ『草迷宮・草空間』(内田善美作)など、様々な作品がオマージュを捧げていますから、その延長でのCF企画という位置づけにもなるのでしょう。

3点目は、メッセージ発信の難しさということです。

鏡花から寺山修司へという、日本のカルチャーの歴史の中で起きた響き合いの現象を同時に伝えておけば、今回のCFについては、少なくとも映像表現としての意味付けと共に広がって行った可能性があります。そうなれば、「日本文化の象徴である帯」を踏みつけられて「傷ついた」とか「憤慨した」などといったクレームに潰されることもなかったはずです。

さらに言えば、日本の文化には「帯解け(おびとけ)」という概念があります。女性の帯を解くということですから、そこにはセクシャルな意味があり、寺山作品の場合は、少年は解かれた帯の上を歩くことで女性に引き寄せられ、また死を意味する海へと引き寄せられます。ですが、今回のCFでは、その帯を踏んでいるのはモデルのKokiさん、つまり女性です。

「帯解け」が象徴するイメージ

男性が女性を性的な対象としか見られないという文化の象徴が「帯解け」であるならば、今回のCFにおいて、女性のKokiさんが帯を踏んで歩くというのは、アジアの女性が自分たちが「性的な対象として消費されるのを拒否する」という意味が込められているとも考えられます。Kokiさんが踏んでいるのが、「帯」ではなく「布」だということにする、そうして鏡花の原作に回帰しつつ、寺山作品の持っていた屈折したセクシャリティを消した、そんな解釈も可能は可能です。

このCFの最大の問題がここにあります。寺山作品と鏡花作品へのオマージュだという前提情報が、しっかり流れなかったということがまずあり、仮に、アジアの女性の自立という意味を込めるのなら、もっとそれを強調した演出にすべきだったということです。

ネットという「信じられないほど広範な層に猛烈なスピードで浸透する」メディアにおいては、必要な関連情報は全てコンテンツに一緒に埋め込まないと伝わりません。また、広範なビューを前提とするのなら、メッセージは強めにしっかり表現しないと伝わらないのです。今回の騒動はそのような教訓を残したといえます。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

G20、各国共通の最低法人税率案を支持すべき=米財

ワールド

「バイデン氏は物事を熟知」、プーチン氏が称賛

ワールド

橋本五輪組織委会長が午後7時に記者会見、尾身氏提言

ビジネス

テスラ車事故30件を米当局が調査、運転支援システム

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 2

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 3

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性物質

  • 4

    K-POPアイドルも逃れられぬ兵役の義務、ファンを絶望…

  • 5

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 6

    「感染力強いデルタ株のR(再生産数)は最大7」英当…

  • 7

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    バイオジェン=エーザイのアルツハイマー新薬「アデュ…

  • 10

    インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うの…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執するこれだけの訳

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 6

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 7

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 8

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 9

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 10

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 6

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 9

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 10

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中