コラム

ノーベル物理学賞の真鍋博士が伝える、好奇心を育む教育の責務

2021年12月15日(水)16時20分

真鍋淑郎博士(右)と筆者の冷泉彰彦氏(左)(筆者提供写真)

<地球温暖化の影響に関しては、人々の生活を脅かす洪水と旱魃の問題を強く懸念している>

今年のノーベル物理学賞を受賞した気象学者の真鍋淑郎博士に対談でじっくりお話を伺う機会がありました。教育論に関する部分を中心とした部分の記事は、12月14日の朝日新聞に掲載されていますが、その他にも重要なメッセージをうかがうことができたので、ご紹介したいと思います。

1つは、好奇心という問題です。対談の始めにあたって、真鍋博士が四国のご出身であることから、瀬戸内の気候や風土の話題を取り上げました。その際に真鍋博士は、少年時代に「四国の広い空を見るのが好きだった」という体験をお話しして下さいました。特に雲が時々刻々と変転していく様子は「見飽きなかった」というのです。私は、元々が文学の人間ですから、その「雲の変転」というのが博士の原体験なのかと思って伺っていました。

ところが、次の瞬間に博士は厳しい表情になって、日本には「豪雪、台風、梅雨」という3つの自然災害がありこれに悩まされてきた、ということに言及されました。「それを何とかしたい」というのが博士の原点だというのです。「ところが当時の天気予報は精度が悪い」ということで、そうした「勘に頼った天気予報」を科学的な「数値予報」に変えたいという思いが募ったという、そこから生涯をかけた研究テーマが出てきたのでした。

自然災害から日本を救いたい

その時は、やはり真鍋博士は骨の髄まで科学者であって、ロマンチストとは少し違うという印象を受けたのです。ですが、対談の後半で、日本の若い人々へのメッセージや教育論を展開していた際に、「好奇心」を大事にしなくてはならないということを何度も繰り返された際に、ハッと気付かされたのです。

一般に「好奇心」というと、とにかく「純粋に知りたい」「ただひたすら知りたい」という単純な心理というように考えがちです。ですから、一種の人畜無害なものだとか、あるいは少年少女の幼い心の動き、大人でもどちらかといえば趣味の世界というような受け止めをしがちです。

ですが、本当は違うのです。真鍋博士が少年時代に「雲の変転をいつまでも見飽きなかった」というのは間違いではないでしょう。雲の動きを含めた大空を美しいと思ったのも本当だと思います。ですが、おそらくその時に「雲の動き」を見ながら、そのように雲が「動く」ことが天候の変化につながるのだから、雲の動きのメカニズムを知ることは予報精度の向上につながる、という発想も芽生えていたのだと思われます。さらにその背景には、過酷な自然災害から列島を救いたいという発想もあったかもしれません。

好奇心というのは、そういうものではないでしょうか。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

バイデン氏、北欧2国首脳と会談 NATO加盟申請を

ビジネス

インフレは高すぎる、2%達成に尽力=米FRB副議長

ワールド

南ア中銀、6年超ぶりの50bp利上げ インフレ対応

ビジネス

米マクドナルド、ロシア事業をフランチャイジーに売却

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 6

    【映像】擬態したピューマと目が合ったハイカー、一…

  • 7

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 10

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプチューン」が戦局を変えた

  • 4

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 7

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 8

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 9

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 10

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中