コラム

「男が持つ邪悪性をドキュメントしてきた」現代を代表する戦争写真家クリストファー・モーリス

2020年01月16日(木)14時10分
「男が持つ邪悪性をドキュメントしてきた」現代を代表する戦争写真家クリストファー・モーリス

From Christopher Morris @christopher_vii

<弾丸が飛び交う中で決定的瞬間を切り取ってきた。戦争写真家になったきっかけは、子供の頃に見ていた米軍機関紙「スターズ・アンド・ストライプス」と軍のイベントで出会ったフォトジャーナリストという一般市民。その長いキャリアを通して何を伝えたかったかを聞いた>

今回紹介するInstagramフォトグラファーは、過去30年以上、世界各地の戦場、紛争地域を取材してきたベテラン写真家のクリストファー・モーリスだ。タイム誌の契約フォトグラファーであり、現代を代表する戦争写真家の1人といっていい。

1958年、カリフォルニア生まれ。現在はフロリダで妻と子供たちと暮らしている。インスタグラムでは、自らの歴史的なアーカイブ写真に加え、近年のニュース・ドキュメンタリー、それに彼にとってはまったく新しいジャンルと思われる作品も発表している。

モーリスの最大の持ち味は、被写体の臨場感を至近距離でありのままに切り取るスタイルだ。ストリートフォトグラフィーの達人たちが、決定的瞬間を逃さず、被写体に気付かれずに間近でシャッターを押すのと根本的には同じである。ただし、環境がまったく違う。弾丸が飛び交い、砲弾の煙が充満する中で、あるいは一歩間違えば簡単に命を落としてしまうような状況下で、彼はそれを行なってきたのである。

彼の戦争写真は、大半は望遠レンズを使って撮影したものではない。かなりの広角レンズで撮影したものだ。90年代には、20ミリから35ミリの広角ズームレンズが多用され始め、それを使って紛争地域でもより迫力を出そうとする写真家が増えた時期だったが、モーリスのパナマやボスニア、チェチェンなどの作品は、まさにその先端を行っていた。彼の撮影スタイルがその時代に多くの影響を与えた、とも言われている。

モーリス自身が戦争写真家になったきっかけは、運命的なものだっただろう。父親は米空軍と契約を結んでいた企業で働いていた。父親を通して子供の頃から軍のパイロットたちに接し、また、米軍機関紙「スターズ・アンド・ストライプス」に掲載された写真を日ごろから見ていた。それは戦争の匂い、兵士たち、そして死だった。そうした写真になぜか魅せられてしまったのだという。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ワールド

WHO「東京五輪開催望む」、日本の緊急事態宣言延長

ビジネス

米経済は目覚ましく進展、より良い再建へ一段の行動必

ワールド

プーチン大統領との会談、近く実現と確信=バイデン氏

ワールド

WHO、中国シノファーム製ワクチンの緊急使用承認 

MAGAZINE

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

人気ランキング

  • 1

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 2

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

  • 3

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

  • 4

    死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

  • 5

    メーガン処女作「父子の絆を描く絵本」にあの著名司…

  • 6

    アメリカでは子どもにどう英語を教えるのか?

  • 7

    コロナに勝った「中国デジタル監視技術」の意外に地…

  • 8

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 9

    ジョークから生まれた仮想通貨ドージコインの時価総…

  • 10

    コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

  • 1

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガンとの不和につながる「可能性は高い」

  • 2

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 3

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

  • 4

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 5

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 6

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 7

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 8

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 9

    コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

  • 10

    ハッブル宇宙望遠鏡打ち上げから31周年、2万光年離…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 4

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 5

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 6

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 7

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 8

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中