コラム

復活に向け動き出したトランプに名門一族の御曹司もひれ伏した

2021年06月22日(火)15時30分

トランプは政治活動を再開(6月5日、サウスカロライナ州で)AP/AFLO

<SNSから締め出しが続く前大統領だがその圧倒的な影響力は健在。ブッシュ一族のプリンスが見せた「裏切り行為」がトランプ一強を物語る>

フェイスブックやツイッターからの締め出しが続き、新たに開設したブログもたちまち閉鎖に追い込まれるなど、トランプ前大統領はアメリカ社会でつまはじきにされているように見えるかもしれない。しかし、政治的復活へに向けて動き出した前大統領の先行きは決して暗くない。

選挙結果の予測市場を見ると、次回の2024年の米大統領選でトランプが勝つ確率は、ハリス副大統領(20%)、バイデン大統領(16.7%) に次ぐ3 位(11.1%)。トランプ自身も、最近のテレビ出演などで大統領選再出馬に色気を見せている。

歴史に照らせば、トランプの大統領返り咲きは難しそうに見える。現職大統領として臨んだ大統領選で敗れた人物がのちにホワイトハウスを奪還した例は、19世紀のクリーブランド元大統領だけ。再選に失敗したカーター元大統領と父ブッシュ元大統領は権力闘争の世界から潔く身を引いた。

しかし、型破りの大統領だったトランプの今後を予測する上では、ほこりをかぶった歴史書をひもといてもあまり参考にならないのかもしれない。トランプの政治家としての驚異的な強さは、米政界屈指の名門一族であるブッシュ家の御曹司が最近取っている行動にはっきり見て取れる。

トランプは2016年大統領選の選挙戦でブッシュ家を激しく攻撃することにより、党の候補者へのし上がっていった。父ブッシュと息子ブッシュの両元大統領の政治を嘲笑し、この年の共和党予備選でトップランナーと目されていたジェブ・ブッシュ(父ブッシュの次男、息子ブッシュの弟)に対する卑劣な中傷キャンペーンに多くの選挙資金をつぎ込んだ。

ところが、22年中間選挙のテキサス州司法長官選に名乗りを上げているジェブ・ブッシュの長男ジョージ・P・ブッシュは、トランプを称賛している。共和党政治家としての未来を考えれば、父と祖父と伯父を裏切ることになっても、トランプに服従しなくてはならないと理解しているのだ。

世論調査を見れば、この若き御曹司の振る舞いが政治的に賢明なものだと分かる。最近の世論調査によれば、共和党支持者のうちでトランプが2024年の大統領選に出馬すべきでないと考える人はわずか28%にすぎない。

一方、共和党支持者の61%は、2020年の大統領選でトランプが不当に勝利を奪われたという見方を支持している。つまり、アメリカ国民全体で見ればトランプは歴史上屈指の不人気な大統領経験者だが(支持率が32%なのに対し、不支持率は55%に達している)、もし2024年の大統領選に出馬すれば、共和党の候補者指名を獲得することはほぼ確実だ。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

ニュース速報

ビジネス

FRB議長に内部規定巡る厳しい質問、議会公聴会

ワールド

北海ブレント、3年ぶりに一時80ドル回復 利益確定

ビジネス

NY外為市場=ドル指数10カ月ぶり高値、米国債利回

ワールド

米議会、インフラ法案と歳出法案を可決すべき=バイデ

MAGAZINE

特集:ビジネスに役立つ NAVY SEALS 12のリーダー術

2021年10月 5日号(9/28発売)

米海軍特殊部隊の指揮官が戦場で学んだ部下と自分を危機から救う方法

人気ランキング

  • 1

    「4000冊の蔵書が一瞬で吹っ飛んだ」 電子書籍の落とし穴 ── あなたは購入していない

  • 2

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリスクを警告

  • 3

    武漢研究所、遺伝子操作でヒトへの感染力を強める実験を計画していた

  • 4

    100年に1度の極端水位が今世紀末までに毎年発生する…

  • 5

    中国の不動産バブルは弾けるか? 恒大集団の破綻が…

  • 6

    アメリカから見ると自民党はめっちゃリベラルです

  • 7

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

  • 8

    起業の成功に必要なもの...資金・コネ・知識・経験よ…

  • 9

    面白研究に下ネタ 科学の裾野を広げる「イグ・ノー…

  • 10

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという…

  • 1

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリスクを警告

  • 2

    男性の平均寿命トップから36位へ 沖縄があっという間に「短命県」になったシンプルな理由

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    「4000冊の蔵書が一瞬で吹っ飛んだ」 電子書籍の落と…

  • 5

    武漢研究所、遺伝子操作でヒトへの感染力を強める実…

  • 6

    起業の成功に必要なもの...資金・コネ・知識・経験よ…

  • 7

    韓国の技術革新力が世界5位に──K ポップの活躍も要因…

  • 8

    サイを逆さ吊りにする実験結果がイグノーベル賞を受賞

  • 9

    感染は日本とアメリカが中心、すでに35カ国で確認さ…

  • 10

    犬のように人懐こい猫25種 飼い主に忠実な「相棒」…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 3

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しかも誰かぶら下がっている!

  • 4

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 5

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 6

    動画サイトの視聴で広がる集団疾患、世界の若年層で…

  • 7

    330匹の猫が不審死...原因はペットフードか 重症猫…

  • 8

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

  • 9

    仲間や家族と一緒よりも「ソロキャンプ」が最高に楽し…

  • 10

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中