コラム

復活に向け動き出したトランプに名門一族の御曹司もひれ伏した

2021年06月22日(火)15時30分

共和党内でトランプに勝てる政治家は見当たらない。現状では、トランプが共和党の大統領候補になるなら、民主党にとってはくみしやすい。しかし、情勢が一変しないとも限らない。トランプは2022年の中間選挙で共和党候補の推薦や応援を活発に行おうとしている。この中間選挙の結果次第では、トランプが政治的復権を果たし、支持率を伸ばす可能性もある。

歴史上、大統領の与党は中間選挙でほぼ常に議席を減らしてきた。この歴史の法則どおり共和党が議席を増やした場合、トランプはそれを自分の手柄として吹聴するだろう。そうなれば、2024年に間に合うように負のイメージをある程度払拭できる。

私は現時点で、2024年の大統領選でトランプの勝利に賭ける気にはなれない(そもそも、それまでにトランプが脱税やマネーロンダリング〔不正資金の洗浄〕などの罪で収監されないとも限らない)。しかし、トランプの敗北に賭けることも手堅い賭けとはとうてい言えないのだ。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

トルコ大統領、北欧2国と電話会談 NATO加盟巡り

ワールド

豪、9年ぶり政権交代へ 労働党が総選挙勝利

ワールド

アングル:韓国女性が卵子凍結、過剰な子育て費用で出

ワールド

米韓首脳が初会談、軍事演習拡大で合意 北朝鮮にワク

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメが食い荒らす

  • 2

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの人が苦々しく思う理由

  • 3

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 4

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 5

    食洗機のパーツを戦車に搭載 制裁のロシア軍、チッ…

  • 6

    ウクライナの「ジャイアントキリング」支えるトルコ…

  • 7

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 8

    ついにロシアを見限った、かつての「衛星国」たち

  • 9

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 10

    うちの愛犬に噛まれたと言い張る女性を「撃退」した…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 7

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 8

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 9

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 10

    ついにロシアを見限った、かつての「衛星国」たち

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中