コラム

米ロ首脳会談の勝者はプーチンか、バイデンか

2021年07月03日(土)16時21分

首脳会談終了後、記者会見に応じるプーチン(6月16日)ALEXANDER ZEMLIANICHENKOーPOOLーREUTERS

<「米大統領をたたきのめす我らがリーダー」を期待していた愛国主義的ロシア人の願いはかなわなかったが......>

米ロ首脳会談が6月16日に始まったとき、私はクレムリンのすぐ近くでコーヒーを飲みながら、ロシア人の友人が携帯電話で見せてくれたバイデン米大統領のミーム(ネット上で拡散する画像やフレーズなど)を眺めていた。

この友人の一番のおすすめは画面を2分割したミームで、片方は首脳会談中のバイデンが自分の手をちらりと見ている写真。もう片方はロシアのプーチン大統領の名前を書いた手書き文字の画像だった。

1年ちょっと前にバイデンが民主党の大統領候補指名を確実にすると、ロシアの友人の多くはバイデンで大丈夫なのかと問い掛け、知力の衰えを指摘した。首脳会談前の彼らは、プーチンとバイデンのミスマッチを期待して面白がっているようだった。

バイデンは本格的な首脳外交デビューとなったG7サミットで多忙なスケジュールをこなした後、最も経験豊富な国際政治の大物と対峙することになる。一方、プーチンはクリントン以降の全ての米大統領と派手にやりあった経験を持ち、国際政治の主役の1人であり続けている。

愛国心の強いロシア人の友人の1人は、シャープでエネルギッシュなプーチンが「スリーピー・ジョー」をたたきのめす場面を想像して舌なめずりしているようだった。

だが今回の首脳会談では、パフォーマンスに極端な差はなかった。プーチンが2国間に信頼の「兆し」が見えたと述べると、バイデンは即座に「これは信頼の問題ではなく、自己利益の問題だ」と強調した。

会談前のバイデンは首脳会談という晴れ舞台をプーチンに提供したことや、ロシアとドイツを結ぶパイプラインに関連した制裁を見送ったことでアメリカの対ロシア強硬派を激怒させ、苦しい立場に追い込まれていた。

一方で、中東に対するロシアの影響力や米中対決、核軍縮などの問題を考えると、米ロ関係をこれ以上悪化させるわけにはいかなかった。バイデンはこの難しい綱渡りを成功させ、国際舞台で十分に通用することを証明した。実際、友人のロシア人愛国主義者は首脳会談後、この話題に全く触れなくなった。

ただし、この会談はプーチンにとってもプラスだった。今のロシアはG8から追い出され、欧米からほとんどのけ者にされている。世界的な威信の失墜は、プーチンの名声に打撃を与えていた。だが米ロ首脳会談の終了後、すぐさまEUの2大国フランスとドイツが同様の首脳会談を呼び掛けた。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

ニュース速報

ワールド

河野氏「年金改革が必要」、岸田氏「消費税10年上げ

ワールド

焦点:重症化予防だけじゃない、米当局が追加接種を推

ビジネス

焦点:ファスナーもガラスもない、品薄が米経済回復の

ワールド

焦点:英コロナ対策、規制緩和と追加ワクチン依存政策

MAGAZINE

特集:歴史で読み解く台湾情勢

2021年9月21日号(9/14発売)

「世界一危険な場所」台湾の地域情勢を歴史・文化・軍事・技術から解き明かす

人気ランキング

  • 1

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の「仕事とお金」遍歴

  • 2

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 3

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 4

    収奪的なオリンピック、包摂的なパラリンピック

  • 5

    コロナで急増した貯蓄をどう使うか...日本人の使い方…

  • 6

    3回接種が進んだイスラエルで感染爆発、4回目を準備

  • 7

    ダニエル・クレイグ版「007」完結作『ノー・タイム・…

  • 8

    医療用途を優先 酸素不足でロケット飛べず...NASA、…

  • 9

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 10

    イベルメクチンの売り上げが米で24倍に、コロナ治療…

  • 1

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 2

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 3

    7年前にソーラーパネル設置を断念した僕の後悔

  • 4

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

  • 5

    【9.11】20年目の「新事実」テロ実行犯の2人は愛し合…

  • 6

    家族を優しく守ってくれる「吠えない」大型犬

  • 7

    マスク不注意で搭乗拒否、激昂する客と石になる客室…

  • 8

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 9

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 10

    「ただ話を聞いてくれるだけ」の存在が、脳の老化を…

  • 1

    「レオ様」激似の顔を持つ男...その数奇な運命と、たどり着いた境地

  • 2

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由がようやくわかった

  • 3

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得ない」裏の顔

  • 4

    韓国の繁華街、外国人旅行者に依存してきた明洞は一…

  • 5

    小さな子供がいる家庭にぴったり! 「優しい」性格が…

  • 6

    失敗学の研究者が見た、日本人の「ゼロリスク」信奉

  • 7

    タリバンがブラックホークを操縦する異常事態、しか…

  • 8

    エヴァンゲリオン、美しく静かなラスト...ファンもこ…

  • 9

    無人島にたどり着いた日本人たちがたらふく味わった「…

  • 10

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中