コラム

フランスを袖にしたバイデンの外交失態に中国が高笑い

2021年10月01日(金)15時09分

フランスを怒らせたバイデン(モニター内はモリソン豪首相) TOM BRENNERーREUTERS

<原潜交渉をめぐり新自由主義同盟で始まった内紛は「共通の敵」を利する大失策だ>

バイデン米大統領が苦境に立たされている。アメリカ国内では、新型コロナウイルスの感染が再拡大している。

一方、アフガニスタンでは、よりによって9・11テロから20 周年の日に、イスラム主義勢力タリバンが首都カブールの大統領宮殿に旗を掲げて新政権の樹立を表明した。有権者の視線が厳しくなっているのも不思議ではない。最新の支持率は、就任7カ月余りの大統領の支持率としては、近年のアメリカ大統領の中で(トランプ前大統領を除けば)最低の44%に落ち込んでいる。

そこへもってきて、中国を意識してイギリスおよびオーストラリアと発足させた安全保障協力の枠組み「AUKUS(オーカス)」をめぐり、アメリカはフランスの怒りを買った。米英がオーストラリアに原子力潜水艦技術を提供することになり、オーストラリア政府がフランスとの潜水艦建造契約を破棄したのだ。

フランスはこれに激しく反発している。フランスの外相は、相談もなく一方的な決定をしたバイデンを「ツイッターに書き込まない以外はトランプと同じ」と酷評した。もっとも、バイデン政権にとってAUKUSの発足は、中国への牽制という意味では大きな成果だ。

オーストラリアに原子力潜水艦が配備されれば、中国は南シナ海で好き勝手にできなくなる。場合によっては将来的に日本と韓国に原子力潜水艦技術を提供する可能性も示唆できる。フランスにとって、潜水艦12隻を売り損なうことは決定的な打撃とまでは言えない。

バイデン政権が犯した過ちは、フランスの心情への外交的配慮を怠ったことだ。フランスはドゴール大統領の時代からずっと、アメリカがインドシナ地域に首を突っ込まないようクギを刺し、アングロサクソン諸国が同盟を組んでフランスを一方的に排除することを恐れていた。

バイデン政権は無神経にも、フランスが最も疑心暗鬼になっていたことを実行したのだ。あまりに近視眼的な行動と言うほかない。

インド太平洋地域にいくつかの島と軍事基地を保有するフランスは、自国をこの地域のプレーヤーと位置付けていて、米中対立の緩衝材になり得る存在だと考えてきた。それなのに、アメリカがこの地域でフランスを冷淡に締め出し、EUから出て行ったばかりのイギリスと一緒になって行動しようとするのは、フランスにしてみれば侮辱以外の何物でもない。

バイデンは慌ててフランスとの関係修復を試みているが、この一件はバイデン政権の近視眼ぶりを浮き彫りにしただけではない。今回の行動は、これまでの政治家人生を通じて深い共感能力により人間関係を円滑に運んできたバイデンらしくない。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米韓首脳が初会談、軍事演習拡大で合意 北朝鮮にワク

ワールド

ロシア、フィンランドへのガス供給を停止 ルーブル払

ワールド

中国が東シナ海に新たな構造物、極めて遺憾で認められ

ワールド

欧州でサル痘拡大、100人超感染か WHO20日に

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、勝手に乗り回していた意外な人物

  • 2

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカを見れば分かる

  • 3

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメが食い荒らす

  • 4

    ついにロシアを見限った、かつての「衛星国」たち

  • 5

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 6

    ロシア軍、マリウポリ制覇しても損害は甚大 「大規模…

  • 7

    ロシア、ウクライナへ新型レーザー兵器投入 数キロ先…

  • 8

    ベトナムと韓国の歴史問題「棚上げ」の思惑はなぜ一…

  • 9

    ついにロシア国営TV「わが軍は苦戦」、プロパガンダ…

  • 10

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 5

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 6

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 7

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 8

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 9

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 10

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 6

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中