コラム

被害者女性の声を無視し、性犯罪の被害を拡大させたFBIの大罪(パックン)

2021年09月28日(火)20時46分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
米女子体操セクハラ問題(風刺画)

©2021 ROGERS-ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<米五輪女子体操チームの元医師で少なくとも499人の女性に性的暴力などを働いたとされるラリー・ナサールの罪は、なぜ見過ごされたのか>

今夏、日本は新型コロナの変異株にも猛暑にも豪雨にも襲われたが、もう一つの大脅威の上陸は防げた。それは、東京五輪のために来日するはずだった米五輪女子体操チームの元医師、ラリー・ナサール(Larry Nassar)。

10歳未満の少女も含めて、少なくとも499人もの女性に性的暴力などを働いたとされるナサールは卑劣極まりない危険人物だが、本来はチームドクターとして東京に来る立場だった。幸い、被害者の選手の通報で彼は逮捕され、裁判で有罪となり40~175年の禁錮刑を言い渡された。ほっとひと安心。

でも、危なかった。被害者の証言によると、「治療」や「トレーニング」などを口実に選手の体に触れたり、性行為に及んだりしたそうだが、何百件にも及ぶ事案はすぐには取り締まられなかった。ナサールは1994年から20年以上も犯行を繰り返しながら米体操連盟の医師を務めた金メダル級の悪人だ。

なぜ止められなかったか? ナサールが捕まったのは2016年だが、その何年も前から選手やその親たちからナサールの不適切行為が報告されていた。だが体操連盟も、彼を雇っていた大学や体操クラブも通報したり解雇したりしなかった。

まあ、それは素人のミスだろう。プロの「連邦捜査局」であるFBIは犯罪行為を知らされたら、そんな消極的な塩対応をするはずがないと思うよね? そのとおりだ! 実際に捜査要請を受けたFBIはもちろん積極的な......塩対応をした。

2015年、ナサールの性的暴力を3人の選手がFBIに訴えた。すると捜査官はそのうちの1人の調書を電話で取り、13歳から数百回も虐待を受けたという彼女の、母親にも明かしていない被害の説明を聞いて......「それだけなの?」と片付けた。そして早速その内容を正式な報告に......17カ月後にまとめたという。でも彼女への対応はまだまし。残り2人は調書すら取ってもらえなかった。塩をまかれたような対応だ。

FBIが最初に連絡を受けたときからナサールが逮捕されるまで16カ月かかった。その間に70人もの女性が新たに性的虐待を受けたという。これが風刺画が描く、少女よりもモンスターを守るFBIの行動だろう。

捜査をしない「連邦捜査局」は、名前を改めるべきでは? 知名度の高い略称は捨てづらい? じゃあ、同じFBIでもFamous But Inactive(有名だが、動かない)でいかがでしょう。

ポイント

HAVE NO FEAR...WE'LL PROTECT YOU!
もう怖くないよ、われわれが守るからね!

THANK YOU!
ありがとう!

I WAS TALKING TO THE MOSTER.
そのモンスターに話しているのだけど

20211019issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

10月19日号(10月12日発売)は「ドキュメント 中国撤退」特集。さらば、中国市場――。規制と圧力、そして始まる新・文化大革命。見切りをつけた外国企業にいよいよ撤退の兆し?

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

先端技術開発の基金創設へ=山際経済再生相

ワールド

トルコ中銀総裁、解任委員が利下げに反対との観測否定

ビジネス

焦点:中国指導部、景気減速でも不動産規制堅持 実行

ビジネス

アングル:気候変動対策で企業が出張削減、対応迫られ

MAGAZINE

特集:ドキュメント 中国撤退

2021年10月19日号(10/12発売)

規制と圧力、そして始まる新・文化大革命 見切りをつけた外国企業にいよいよ撤退の兆し?

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 3

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女性を狙う、猛スピードの男

  • 4

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 5

    現地取材:中国から外国企業が「大脱出」する予兆が…

  • 6

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 7

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 8

    中国不動産バブルの危険度を、さらに増幅させる3つの…

  • 9

    再生可能エネばかりを重視したヨーロッパがはまった…

  • 10

    日本の秋の風景とは少し趣が違う? 世界各地の「紅葉…

  • 1

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 2

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 3

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里が、それでも3回目を接種する理由

  • 4

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 5

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 6

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 7

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブ…

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 8

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 9

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 10

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中