最新記事

カメラ

カメラの世界に大変革期到来 「一眼レフ」の終焉と「ミラーレス」の台頭 

2018年9月3日(月)15時00分
内村コースケ(フォトジャーナリスト)

プロカメラマンの端くれである筆者自身、これらの優位性に魅力を感じ、ソニーのミラーレスを初期から使ってきた。そして、プロの使用に十分耐える現行フルサイズミラーレス『α9』『α7RIII』の登場を機に、デジタル一眼レフを捨てて完全にミラーレスに移行した。同様の仲間はこの数年の間にどんどん増えていて、交流・情報交換用のSNSのグループもある。ちょうど、ソニーミラーレス機ユーザーのオフ会に参加する機会があったので、40〜50代の4人のプロと3人のアマチュアカメラマンに、ミラーレスを導入した経緯や使い心地を聞いてみた。

uchimua02.jpg

インタビューに答えてくれたソニーミラーレスユーザーの皆さん。ミラーレスの可能性を一足早く見出し、主力機材として活用している

「乱暴な言い方になってしまいますが、ここまで長く一眼レフの時代が続いたのはメーカーの怠慢だと思いますよ」と語るのは、愛知県を拠点にマルチに活躍する岡本浩孝カメラマンだ。写真を仕事にし始めた頃はデジタル一眼レフを使用していたが、シャッターを切る直前にファインダーに映った像と、撮影後にモニターに映る撮影画像が異なることに納得がいかなかった。「フィルムの頃は、撮ってから写真ができあがるまでに時間差があったから、気にならなかったんです。でも、瞬時に撮影結果が見られるデジタルカメラでは、(ミラーレス一眼と同様の見え方の)3分の1の値段のコンパクトカメラの方がむしろ優秀に思えたんです」。だから、ソニーからレンズ交換式APS-Cミラーレス『NEX-5』が2010年に発売されると、「理想のカメラだ!」と飛びついた。

小型軽量ボディに先進的機能が同居

一眼レフは、自動巻き上げ機構やオートフォーカス機構、デジタル化・高画素化という技術の進歩と共にどんどん大型化していった。『ニコンF』が147x98x54mm・686gに対し、最新の後継機『D5』は160x158.5x92mm・1405gと、質量が2倍以上になっている。これに対し、先に発表されたフルサイズミラーレス『Z7』は、134x100.5x67.5mm・675gと、ほぼ『F』の大きさに先祖返りしている。

「私にとっては、小型軽量であることは必須条件です」と言うのは、右腕が不自由なため左腕一本でネイチャーフォトを撮る井上嘉代子カメラマンだ。ミラーレスの特徴を生かして使用機材の『α9』などに搭載された「ボディ内5軸手ブレ補正」も、片腕撮影をアシストしている。また、愛犬を撮るのに適したカメラを探した愛知県のアマチュアカメラマン、後藤守さんと加藤みきさんも、全力疾走する犬を追える高性能AFを搭載しながら小型軽量でもあるミラーレスに行き着いた。

一方、小学生の頃からカメラを手にしていたベテランアマチュアカメラマンのハンドルネーム「Ash御殿山」さんは、フィルムのレンジファインダー式カメラの名機「ライカM3」を残してはいるが、かつて使っていたフィルム一眼レフはもう持っていない。「フィルム代・現像代が高くなったので、もうライカはほぼ持ち出していません。ファインダーを覗いた時のEVFの明るさとライカなどに通じる軽さから、デジタルは最初からミラーレスです」

ソニーのミラーレスの売りである「瞳AF」を導入の最大の理由に挙げるのは、静岡県浜松市で写真スタジオを経営する千田照人カメラマンだ。「私たちの仕事はほぼ100%ポートレートです。ポートレートの基本は目にピントを合わせることですが、αならば『瞳AF』で目にピントを合わせておいて、EVFで確認しながら『ここらへんまでピントが来るのか。背景までちょっと合わせてみようか』などと緻密に絵作りができる。それは我々にとって革命的なことなんです」と語る。2人のお嬢さんもフォトグラファーになり共に仕事をしているが、最近この世界に入った長女は最初からミラーレスユーザーで一眼レフを知らないという。「フィルムとその流れを汲んだ一眼レフの時代は、いわゆる職人的な"技術"が大切でした。それを必要としなくなったのがミラーレス。もちろん、マニュアルでピントを合わせるといった基礎は教えますが、技術的な部分にエネルギーを割かなくてよい分、構図や色などに集中できる。感性を最大限発揮して撮れることを私は肯定的に捉えています」

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、米大統領の日韓歴訪中に核・ミサイル実験の可

ビジネス

NY外為市場=ドル上昇、米株急落などで安全需要が増

ワールド

米大統領、コロナ濃厚接触者に該当せず 娘が陽性判定

ビジネス

米ターゲット27%急落、2─4月期利益が半減 コス

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 4

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 5

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    ロシア軍、地上戦力の3分の1を失った可能性──英国防省

  • 8

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 9

    『はじめてのおつかい』がアメリカで巻き起こした大…

  • 10

    「すぐつなげ」「すぐつなげ」「すぐつなげ」苦情な…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月