最新記事

海外ノンフィクションの世界

パーソナル・コーチングの父が最も伝えたいことは「セルフィッシュになれ」

2020年4月13日(月)17時35分
糟野桃代 ※編集・企画:トランネット

あたかもコーチングのセッションを受けるのと同じように

本書ではほかに「未来というコンセプトを捨てる」「あらゆるものをシンプルにする」など、1章ずつ、全部で28の「魅力の法則」が述べられている。あたかもコーチングのセッションを受けるのと同じように、読者が本書を読み進めるなかで自らの内面に気づきを起こしていけるよう、あちこちに工夫が凝らされている。

例えば、各章の冒頭には「ニュアンスの違い」と題したコーナーがあり、その章の「魅力の法則」を理解するうえで重要になるキーワードをいくつか取り上げている。特徴的なのは、そのキーワードと混同しがちな言葉を必ずセットで並べ、対比の中で正確に意味をとらえさせようとしている点だ。

例えば、「自分の感受性を高める」という法則の章では、「フィーリング」と「感情的な反応」を比較し、自分の心が揺れるときの状態がどちらに当てはまっているのか、読者に深い内省を促している。

さらに、「自分の人格を徹底的に磨くための人格チェック100」といった診断テストやワークも収録されている。実際に取り組んでみれば、自分の現在地を知り、理想の状態へ向かう行動をデザインするコーチングのプロセスを、より具体的に追体験することができるだろう。

印象的なセンテンスを対訳で読む

●Until your needs are met, you really can't make the most of what God gave you.
(「ニーズ」の部分が満たされない限り、天からの贈り物である自分の才能を本当の意味で活かすことはできない)

――13個目の法則、「これを最後に自分のニーズを完全に満たし切る」より。自分が自分であるために必要な「ニーズ」に、人はなかなか気づかないもの。欠けたニーズをかりそめに埋めようとするのではなく、その存在を正面から認め、尊重することで、自分の魅力を発揮する基盤が整っていく。

●what is true FOR YOU--which is the most important truth of all.
(「自分にとっての」真実とは何か――それこそが最も大切な真実である)

――26個目の法則、「真実を認め、真実を伝える」より。世間一般で言われていることより、自分が見て、聞いて、感じたものを信じる。その態度こそ、自分にとっての豊かさや成功を定義し、揺るぎない魅力をつくっていくものなのだろう。

●Being human, to me, means being fallible yet at the same time always capable of growing into greatness.
(人間である、ということの意味は、失敗を犯す可能性をはらむ存在であるのと同時に、より素晴らしいものへと成長していくことができる存在でもある、ということだと思う)

――28個目の法則、「ありのまま、人間らしくいる」より。人間だから失敗して当たり前、と開き直るのではなく、自分の弱さにも責任を持ったうえで、人生を前向きに楽しむこと。また、他人の人間らしさにも同様に愛情をもって向き合うことについても説いている。

◇ ◇ ◇

価値観が多様化し、個々人が創造性を発揮して社会で活躍することが求められる時代、コーチングはますます注目されていくだろう。

誰かに教わる答えではなく、自分の正解を見つけていく過程で、その人ならではの魅力が宿り、成功が引き寄せられる。そう、「魅力の法則」(LAWS OF ATTRACTION)は、「引き寄せの法則」でもあるのだ。


SELFISH(セルフィッシュ)――
 真の「自分本位」を知れば、人生のあらゆる成功が手に入る
 トマス・J・レナード、バイロン・ローソン 共著
 糟野桃代 訳
 秦 卓民 監修
 祥伝社

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

トランネット
出版翻訳専門の翻訳会社。2000年設立。年間150~200タイトルの書籍を翻訳する。多くの国内出版社の協力のもと、翻訳者に広く出版翻訳のチャンスを提供するための出版翻訳オーディションを開催。出版社・編集者には、海外出版社・エージェントとのネットワークを活かした翻訳出版企画、および実力ある翻訳者を紹介する。近年は日本の書籍を海外で出版するためのサポートサービスにも力を入れている。
https://www.trannet.co.jp/

20200421issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年4月21日号(4月14日発売)は「日本人が知らない 休み方・休ませ方」特集。働き方改革は失敗だった? コロナ禍の在宅勤務が突き付ける課題。なぜ日本は休めない病なのか――。ほか「欧州封鎖解除は時期尚早」など新型コロナ関連記事も多数掲載。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

南ア中銀、6年超ぶりの50bp利上げ インフレ対応

ビジネス

米マクドナルド、ロシア事業をフランチャイジーに売却

ビジネス

米中古住宅販売、4月は2.4%減 価格過去最高

ビジネス

FRB、米株市場を標的にしていない=カンザスシティ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 6

    【映像】擬態したピューマと目が合ったハイカー、一…

  • 7

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 10

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプチューン」が戦局を変えた

  • 4

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 7

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 8

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 9

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 10

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月