最新記事

海外ノンフィクションの世界

私たちは猫が大好きだが、長い間「実用品」「虐待対象」扱いしていた

2018年5月8日(火)21時35分
渡辺 智 ※編集・企画:トランネット

逆に、幸運をもたらすものとして語られることもある。幸運と繁栄を招く「招き猫」や、飼い主の恩に報いた「おけさ」の伝説など、日本にその例が多いのは興味深い。

猫はまた、良くも悪くも女性を象徴するものとして用いられてきた。男性によって、思いのままにならぬ女性を攻撃するための比喩として便利に使われたかと思うと、ヴィクトリア朝のイギリスでは、静かに家を守る理想の母親像として担ぎ上げられたのである。

西洋でペットしての猫が普及したのは、ようやく17世紀末になってから。貴族の間で飼われるようになったが、それ以降も、犬と比べて劣ったものと見なされたり、柔和さという一面のみが愛されたりと、家族の一員として確固たる地位を得るには、かなりの時間を要したのである。

現在のように、多面性を全てひっくるめて猫が愛されるようになった状況について、著者は「階層」や「序列」、「伝統的性役割」の崩壊を大きな要因として挙げ、それが現代の文学作品や漫画などでの猫の扱われ方にも表れていることを指摘している。

最後に、そんな時代の愛猫家たちの心理について考察されている部分をいくつか見てみよう。

trannet180509-3.png

左はタイに伝わる『猫詩集』の19世紀の写本に描かれた猫、右のルイ・ウジェーヌ・ランベール『ランベール夫人のお菓子』はいたずらな子猫の情感を描いている(『猫の世界史』より)

印象的なセンテンスを対訳で読む

以下はそれぞれ『猫の世界史』の原書と邦訳から。

●Victorian-type sentimentality continues to appeal in stories and illustrations, and many dog lovers still cannnot understand why anyone would bother with the self-contained, undeferential cat, but these attitudes are no longer predominant. Most of us would at least like to feel that we do not require unquestioning veneration and obedience from those who share our homes. By good-humouredly accepting feline determination to ignore our wishes, we can gratify our egalitarian feelings without really inconveniencing ourselves.
(ヴィクトリア朝的な愛らしいだけの猫も、物語やイラストの中ではまだ根強い人気があり、また、なぜあんな自分勝手な動物に振り回されなければならないのか理解できないという愛犬家が多いのも事実だ。しかし、どちらの猫観も、もう時代遅れといえる。動物にしても何にしても、一緒に住んでいるものを当然のごとく服従させたいと思う人など、今やあまりいないのではないだろうか。むしろ、猫が言うことを聞かないことを面白がって受け入れたほうが、自分は公平な人間だという満足感を無理なく得ることができるはずだ)

●The charge of cool self-centeredness that in the past would have been a reproach to the cat has now become a tribute to its charm and our own tough-minded realism in accepting an animal that we know will never give us wholehearted devotion.
(「猫は冷淡で自分勝手」と言えば、かつては非難になったが、今ではその魅力を表す褒め言葉だ。それと同時に、動物は全面的献身を与えてくれるものではないという現実を、私たちが率直に受け入れた証である)

●Far from feeling any need to defend their choice of a cat as a companion, contemporary cat lovers plume themselves on their preference.
(現代の愛猫家は、猫を選んだことに、あれこれ言い訳をする必要はない。それどころか、猫好きであることはむしろ自慢の種になっている。)

◇ ◇ ◇

愛猫家にとっては、自分の寛容さを認められたようで、自尊心をくすぐってくれる記述である。しかし、猫好きがマジョリティとなった今、そこに優越感を感じて生きるのか、それとも自分と異なる者を認められるのか。本当に「公平な人間」であるかを試されるのはこれからなのだろう。


『猫の世界史』
 キャサリン・M・ロジャーズ 著
 渡辺 智 訳
 エクスナレッジ

 20220524issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年5月24日号(5月17日発売)は「歴史で読み解く ロシア超入門」特集。ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義。政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を知る


今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米大統領、コロナ濃厚接触者に該当せず 娘が陽性判定

ビジネス

米ターゲット27%急落、2─4月期利益が半減 コス

ビジネス

S&P500ESG指数からテスラを除外、人種差別や

ワールド

米、ウクライナ大使館を再開 ロシアの侵攻受け約3カ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 4

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 5

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    ロシア軍、地上戦力の3分の1を失った可能性──英国防省

  • 8

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 9

    『はじめてのおつかい』がアメリカで巻き起こした大…

  • 10

    「すぐつなげ」「すぐつなげ」「すぐつなげ」苦情な…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月