最新記事

私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

横浜の和菓子店、上生菓子に一目ぼれした中国人店主の「おんがえし」

2020年2月6日(木)18時40分
宇佐美里圭(本誌記者)

RIKA USAMI-NEWSWEEK JAPAN

<横浜市鶴見区に「菓心 雪梅庵」という和菓子店がある。店主は2009年に来日し、修業を重ねてきた四川省出身の熊雪梅。だが彼女が自分の店を開くまでには大きなハードルがあった。本誌「私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】」特集より>

店内には美しく繊細な上生菓子だけでなく、キャラクターが描かれたパッケージや、面白いネーミングの和菓子、子供が好きそうなポップな色合いの和菓子まで多種多様な商品が並ぶ。「親しみやすくしたくて」と店主の熊雪梅(ゆう・せつばい、37歳)は言う。
20200204issue_cover200.jpg
四川省出身の熊が横浜市鶴見区に「菓心(かしん) 雪梅庵(ゆきうめあん)」を開いたのは2018年10月のこと。日本へ来ることを決めたのは「上生菓子を初めて見た瞬間だった」というから、和菓子への情熱は人一倍強い。

「昔は中国で事務員として働いていたけれど、あるとき日本人のお客さんが上生菓子をお土産に持ってきた。一目で美しさに心を奪われ、こんなものを自分も作れるようになりたいと、その場で仕事を辞める決心をした」

magSR200206chinese-yusetsubai-2.jpg

見事な上生菓子から、どら焼きやみかん大福といった和菓子までそろう。「生麦囃子サブレ」などご当地和菓子も RIKA USAMI-NEWSWEEK JAPAN

それから2年間、貯金をしながら日本語を学び、和菓子について下調べを進めた。来日したのは2009年。まず日本語を学ぶため、横浜市内の語学学校に入った。

2年間通うつもりだったが、1年で日本語検定1級に合格。卒業を促され、翌年に製菓専門学校へ入学した。そこでも優秀な成績を収め、奨学金を取得。学校のコンクールで賞を取ったこともある。

magSR200206chinese-yusetsubai-3.jpg

RIKA USAMI-NEWSWEEK JAPAN

どんなに優秀であっても、和菓子業界への就職となると外国人というだけでハードルが高くなる。

「就労ビザが下りないので、面接で断られる。何社も落ちて、ようやく中国進出を予定していた横浜の老舗和菓子店に就職できた」

magSR200206chinese-yusetsubai-4.jpg

RIKA USAMI-NEWSWEEK JAPAN

そこで4年間修業を積んでから、同業他社に転職。さらに和菓子にのめり込んでいった熊は、勉強会で出会った職人や製菓会社の社長のつてを頼り、修業の旅に出た。沖縄、静岡、名古屋、大阪、千葉......6軒の和菓子店に3日間ずつ泊まり込み、職人たちに教えを請うた。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米上院司法委、ハイテク大手対象の法案承認

ワールド

核合意再建協議、数週間以内に「決定的」局面迎える=

ワールド

ロシアがウクライナ越境なら「侵攻」、バイデン大統領

ビジネス

米メルクのコロナ経口薬、27社が廉価版を製造へ 低

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 2

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から「アンガーマネジメントが必要」との声も

  • 3

    おまけ狙いの爆買い男性に106食分を売った中国ケンタッキー、当局から正式に怒られる

  • 4

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 5

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 6

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 7

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 8

    北京五輪には自前のスマホを持ち込むな、米加が選手…

  • 9

    オタク活動に注意? 芸能人を好きになり過ぎると「知…

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 5

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 6

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 7

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 8

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 9

    「東大王」紀野紗良が「もっと早く読んでおきたかっ…

  • 10

    セクシーさと多様性で席巻! リアーナの下着ブランド…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 7

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 8

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 9

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 10

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月