最新記事

言語学

外国語が上手いかどうかは顔で決まる?──大坂なおみとカズオ・イシグロと早見優

2020年3月5日(木)16時55分
平野卿子(ドイツ語翻訳家)

欧米人にとっても、「言葉と顔」はある種の力を持っている

だが、それでもやはり、言葉と顔には私たちが思っている以上に根深い関係がある。実は外国人が自分たちの母語を話すことには慣れているはずの欧米人にとっても、「言葉と顔」はやはりある種の力を持っている。

ピュリツァー賞を受賞した世界的なベストセラー作家ジュンパ・ラヒリは、インド人の両親を持つアメリカ人である。しかし、イタリア語に魅せられて、2012年、ついに家族でイタリアに移住。彼女は嘆く。アメリカ人で白人の夫は自分よりもイタリア語が下手であるにもかかわらず、夫のイタリア語のほうが訛りがなくて完璧だとイタリア人が皆、口を揃えて言うことを。

「どんなによくできるようになっても、わたしとイタリア語の間に永遠に横たわる壁。わたしの顔かたち。泣きたくなる。叫びたい思いだ」(『べつの言葉で』、中嶋浩郎訳、新潮社)

では、さまざまな出自の人々が母語として英語を話すアメリカはどうだろうか。こんな報告がある。アメリカの大学で学生に英語ネイティブの講義のテープを聞かせて、訛りがあるかなどの評価をさせ、さらに学生がどこまで講義を理解したかをチェックした。そのとき、ひとつのグループには白人女性の写真を、もうひとつのグループには中国人の女性の写真を見せながらテープを聞かせたという。

すると中国人女性の写真を見せられたグループの学生は、英語が訛っていると思っただけでなく、講義の理解度がもうひとつのグループより劣ったという結果が出た。まったく同じ英語を聞いたにもかかわらず!(白井恭弘『外国語学習の科学』、岩波新書、2008年)

この実験はかなり前のものだが、今でも事情はあまり変わらないはずだ。実は話しているのは言葉ではなく、私たちの顔なのだと。それならネイティブのような発音を身に着けることに必死になるよりも整形したほうがいいということになり、それはそれで困るのではあるが。

[筆者]
平野卿子
翻訳家。お茶の水女子大学卒業後、ドイツ・テュービンゲン大学留学。訳書に『敏感すぎるあなたへ――緊張、不安、パニックは自分で断ち切れる』(CCCメディアハウス)、『ネオナチの少女』(筑摩書房)、『キャプテン・ブルーベアの13と1/2の人生』(河出書房新社、2006年レッシング・ドイツ連邦共和国翻訳賞受賞)など多数。著書に『肌断食――スキンケア、やめました』(河出書房新社)がある。

20200310issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2020年3月10日号(3月3日発売)は「緊急特集:新型肺炎 何を恐れるべきか」特集。中国の教訓と感染症の歴史から学ぶこと――。ノーベル文学賞候補作家・閻連科による特別寄稿「この厄災を『記憶する人』であれ」も収録。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

「サル痘」ウイルス、変異確認されず 「制御可能」=

ビジネス

米スターバックス、ロシア撤退 マクドナルドに続く

ビジネス

中国、的を絞った強力な経済支援措置導入へ=国営メデ

ワールド

ウクライナ大統領、「歴史は転換点」 ダボス会議で演

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの人が苦々しく思う理由

  • 2

    中国鉄道メーカー、欧州で「車両販売キャンセル」の衝撃 2年経っても運行認可出ず

  • 3

    食洗機のパーツを戦車に搭載 制裁のロシア軍、チップ不足で苦悶

  • 4

    「アカウント再開のため、運営社員と何度も寝た」人…

  • 5

    ついにロシアを見限った、かつての「衛星国」たち

  • 6

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 7

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 8

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 9

    カミラが王妃?そんな裏切りはダイアナと英国民が許…

  • 10

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    海面に浮くクジラの死骸を「少なくとも60匹」のサメ…

  • 6

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 7

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 8

    日本の未来が「おいしい」理由は2000年代のアメリカ…

  • 9

    全米で「最もセクシーな医師」のランボルギーニを、…

  • 10

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 7

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 8

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月