最新記事

インタビュー

人気ドラマ『ロー&オーダー』新作に、あのC・メローニが主役として帰ってきた

“Ripped From the Headlines”

2021年4月22日(木)21時45分
H・アラン・スコット
『ロー&オーダー』シリーズのステイブラー刑事役C・メローニ

新シリーズのステイブラーは組織犯罪対策のタスクフォースを率いる VIRGINIA SHERWOODーNBCーNBCU PHOTO BANK/GETTY IMAGES

<『ロー&オーダー:性犯罪特捜班』のエリオット・ステイブラー刑事が、10年ぶりに復活>

アメリカの人気犯罪ドラマシリーズ『ロー&オーダー:性犯罪特捜班』のファンにとっては、クリストファー・メローニ演じるエリオット・ステイブラー刑事との約10年ぶりの再会だ。

米NBCテレビで4月1日、『ロー&オーダー:組織犯罪』の放映が始まった。この人気シリーズの新スピンオフ作品では、ステイブラーがニューヨーク市警に戻り、組織犯罪に対抗するタスクフォースを率いることになる。

メローニは『ロー&オーダー』のタフな刑事としてよく知られているが、2001年の映画『ウェット・ホット・アメリカン・サマー』のコミカルなシェフ役や、米ケーブルテレビ局HBOの刑務所ドラマ『OZ/オズ』の邪悪な囚人役でも強烈な印象を残した。「無意識のうちに、あらゆる年齢層にアピールできていたのだろうね」と笑うメローニに、本誌H・アラン・スコットが話を聞いた。

――最後にステイブラーを演じてから10年。今回の新シリーズで復帰を決めた理由は?

この作品のフォーマットが面白いと思った。1話完結型ではなく、シリーズのようなもの。エリオットとタスクフォース、そして彼らが追っている犯罪に焦点を当ててストーリーを進めていく。最初のシーズンは全8話で、1話から8話まで、誰を追うのか、なぜ追うのか、相手は何者なのかに焦点を当てる。

――組織犯罪は定番の人気ジャンルの1つ。これほど人気を集める理由は何だと思う?また、この新シリーズはこれまでの作品とどう違うのか。

誰もが反逆者、悪人、裏の世界に引かれているのだと思う。(マフィアのファミリーを描いた)『ザ・ソプラノズ 哀愁のマフィア』がいい例だし、映画『ゴッドファーザー』もそう。アメリカ文化に組み込まれているのだと思う。

(この作品のポイントは)ニューヨークの組織犯罪捜査に当たるタスクフォースが、(従来の捜査班と)どう違っているか、ギャングがどんな商売に手を染めているか。マフィアも昔のマフィアと違う。もっとハイテクになり、通常考えられないような分野にも進出している。この新シリーズでは、それを描いていく。

ニュース速報

ビジネス

最低賃金1000円を目指し、日本経済の底上げに=諮

ビジネス

三井住友FG、今期純利益予想は6000億円 与信関

ワールド

アイルランド医療サービスにランサムウエア攻撃 ワク

ビジネス

ホンダ、今期営業利益は前年並みの6600億円 市場

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 2

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 3

    インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われることのない重罪

  • 4

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 5

    コカ・コーラ、マッキンゼー、ソニー...... ミャンマー…

  • 6

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 7

    インドの空港倉庫に国際支援物資置き去り 「どこに…

  • 8

    米物価上昇が意味すること

  • 9

    「話すことが苦手だった」メンタリストDaiGoの人生を…

  • 10

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ」と謝罪

  • 4

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジ…

  • 5

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 6

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 9

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 10

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

  • 10

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月