最新記事

韓国映画

カン・ハンナ「私のおすすめ韓国映画5本」とマブリー愛、韓国映画が面白い理由

2021年5月5日(水)12時20分
カン・ハンナ(歌人・タレント・国際文化研究者)
カン・ハンナ

<面白い韓国映画には理由と「仕組み」がある――そう語る、ソウル出身で歌人・タレント・国際文化研究者のカン・ハンナ。おすすめの韓国映画について尋ねると、韓国ブロックバスター作品の「共通点」、いま会いたい1人のスターも教えてくれた>

1.『八月のクリスマス』(1998年)
2.『殺人の追憶』(2003年)
3.『タクシー運転手 約束は海を越えて』(2017年)
4.『犯罪都市』(2017年)
5.『完璧な他人』(2018年)

韓国映画はヒットする「仕組み」を知ると面白い。でもその前にまず、私が一番好きな映画を紹介したい。『八月のクリスマス』(1998年)という作品だ。20年以上前の映画だが、今でも韓国人みんなから愛されている。

それまで韓国映画のラブストーリーと言えば、号泣するシーンが多かった。でもこれは真逆で、静かな愛の物語。登場人物は最後の最後まで泣かない。

病で余命わずかな男性が営む写真館に、若い女性がやって来て、そこから恋が始まる。物語は静かに進んでいって、あれ終わっちゃった、と思わされるけれど、心に余韻が残る。

magSR20210505kanghannah-2.jpg

『八月のクリスマス』 EVERETT COLLECTION/AFLO

主演のシム・ウナは当時トップ女優だったが、その後引退してしまった。彼女の演技力や透明感がこの映画にとても合っていた。復帰してまたラブストーリーをやってほしいと今でもファンが待っている、素晴らしい女優。

同じ頃、韓国で岩井俊二監督の『Love Letter』がヒットし、国民的な人気を得た。これもゆっくりと始まるラブストーリーで、韓国人と日本人の感受性は意外と同じなのかなと思う。だからこの映画にも日本の人たちが好きな要素があるはず。

2003年、『殺人の追憶』が公開された。この映画をオススメする理由は、『パラサイト 半地下の家族』のポン・ジュノ監督の作品の中で、私が最も衝撃を受けた映画だから。

これは私が子供の頃、80年代後半から90年代に実際にあった殺人事件を基にしている。華城(ファソン)という、私が住むソウルから車で40分しか離れていない村で起こった事件だったし、女性を狙った連続殺人だったので、とても怖かったのを覚えている。しかも犯人は捕まっていなかった。

magSR20210505kanghannah-3.jpg

『殺人の追憶』 PHOTOFEST/AFLO

それまでの韓国映画にないチャレンジが2つあった。1つは、実話を基にしていたこと。リアリティーを追求するため、徹底した調査が行われた。2019年になって事件の犯人が判明したが、映画で描かれた犯人とそっくりで、まるで予測していたようだと韓国で再びブームになったぐらいだ。

もう1つは、ポン・ジュノ映画の特徴だが、ちょっと笑いを取り入れていること。深刻なスリラー作品なのに、笑いがある。

『パラサイト』も同様で、ブラックコメディーであることが世界で評価された理由の1つだったと思う。『殺人の追憶』を初めて観たとき、このテーマで笑わせるんだ、と衝撃を受けた。当時の韓国映画は、暗い作品かコメディーか、どちらかだったから。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米、台湾にワクチン250万回分を供与 中国けん制へ

ワールド

イラン大統領に反米・保守のライシ師、無効票で抵抗す

ワールド

訂正-カナダ、不要不急の渡航禁止を7月21日まで延

ビジネス

テスラ元幹部ギレン氏、10日以降に2.74億ドル相

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 4

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 5

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 10

    ディズニー映画から「本物の悪役」が姿を消したのは…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 8

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月