最新記事

海外ノンフィクションの世界

オークションで「至宝」を見抜き、競り勝つために必要なもの

2021年9月7日(火)16時25分
冬木恵子 ※編集・企画:トランネット

本書に登場する「売り手」たちの中には、親から貴重な文書を受け継いだはいいが、我が子は全く興味を示さない、あとを託せる子孫がいない、ならばいっそ興味を持ってくれる人に譲るか、あるべき場所に保管してもらうかできればと考えて、著者の元を訪れる人も多い。

そう、文書の売買は、必ずしも換金や利益が目的で行われてはいないのだ。売買によってその文書が永く守られていく場合もある。そんなことも、本書は教えてくれる。

印象的なセンテンスを対訳で読む

以下は『歴史の鑑定人』の原書と邦訳からそれぞれ抜粋した。

●The hardest part of my apprenticeship wasn't learning how to authenticate documents and artifacts. That can be done in a few years. It was learning how to assess value, learning to spot the gems in a sea of mediocrity, taking that "blink" moment and translating it into action, and putting money on the line as a result. That takes a long time, a decade or so.
(見習い時代に一番難しかったのは、文書や物品の鑑定の仕方の習得ではない。それは2、3年もすればできるようになる。価値を査定し、月並みなものの山から逸品を探し出し、それに「ひらめく」瞬間をとらえて実行に移し、最終的にお金を投入する、というプロセスが難物だった。習得するにはかなりの期間、10年ほどかかる。)

――歴史的至宝が目の前にあっても、それと気づかなければ、ただの紙切れとして処分してしまうことにもなりかねない。文書の運命は、鑑定士の一瞬のひらめきにかかっている。そして、そのひらめきを得るには、とにかく知識と経験を積み上げるしかない。

●No-he took the time to actually read the piece. He took nothing for granted. He didn't assume that because the auction company hadn't given it any attention, it wasn't important.
We search the world for these artifacts, these documents, but if we can't recognize them when we see them, what good is the hunt?
(父はその文章を読むのに時間を費やした。何ひとつ、当たり前とは思わなかった。オークション会社が注目していないからそれは重要ではない、などとも考えなかった。
 わたしたちは世界中で物品を、こういった文書を探すが、実物を目にしてもそれと気づかなければ、宝探しなど意味がない。)

――著者が父親から教わったなによりも大切なことは、周りに惑わされずまっさらな目で文書を見て、知識と経験をもとにその重要性を判断するという手法だった。父親がロゼッタストーン関連の重要史料に気づいたのは、その手法の好例だ。

●The scientific papers occupied three-quarters of the basement room, but in the corner was a whole group that we came to at the very end. Barely had we absorbed the enormity of the scientific archive when Bredig turned to us and said, understated as always, "I have some immigration-related papers too."
(地下室の4分の3は科学系の書類で埋まっていたが、部屋の片隅に、最後に1つ、別のかたまりがあった。科学系アーカイブの膨大さをまだ受け止めきれていないわたしたちに、ブレーディヒ氏が例によって自慢する風もなくこう言った。「移民関係の書類もいくらかあるんです」)

――著名な科学者の書簡が2、3通でも手に入ればと思ってゲオルク・ブレーディヒの子孫宅を訪れた著者と父親は、地下室に展開していた科学系書類の大量のアーカイブにただただ驚いていたが、ほんとうに驚くのはここからだった。そして、命懸けで守り抜かれた貴重な史料を後世に残すべく、著者は全力を傾けていく。

◇ ◇ ◇

あなたの家にも、もしかしたら先祖が遺した貴重な文書が眠っているかもしれない。それらがただの紙くずになってしまうか、史料文書として光を当てられ(実際に長く日光に当ててはいけない)、価値に見合った保管方法がとられるかは、あなたの直感、「ひらめき」にかかっている。

歴史の鑑定人――
 ナポレオンの死亡報告書からエディソンの試作品まで』
 ネイサン・ラーブ、ルーク・バール 著
 冬木恵子 翻訳
 草思社

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

トランネット
出版翻訳専門の翻訳会社。2000年設立。年間150~200タイトルの書籍を翻訳する。多くの国内出版社の協力のもと、翻訳者に広く出版翻訳のチャンスを提供するための出版翻訳オーディションを開催。出版社・編集者には、海外出版社・エージェントとのネットワークを活かした翻訳出版企画、および実力ある翻訳者を紹介する。近年は日本の書籍を海外で出版するためのサポートサービスにも力を入れている。
https://www.trannet.co.jp/

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

焦点:北欧2カ国のNATO加盟に「待った」、トルコ

ビジネス

気候変動巡る投資家主導の取り組み、成果なく強化必要

ワールド

中国情報機関職員ら起訴、米居住の反体制派に諜報活動

ワールド

今年も米でサル痘感染確認、マサチューセッツ州で1人

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 6

    【映像】擬態したピューマと目が合ったハイカー、一…

  • 7

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 10

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 7

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 8

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月