最新記事

K-POP

BTSメンバーのインスタ開設は「終わりの始まり」?

What BTS Stars Have Said About Splitting As They Announce Extended Break

2021年12月7日(火)20時15分
ライアン・スミス
BTS

最年長メンバーのジン(左から3人目)は「義務が発生したら、最善を尽くす」と語る(2021年12月3日、米カリフォルニア州) Mario Anzuoni-REUTERS

<個人アカウントは休養中にファンと交流する手段の一つと見られるが、グループが「完全体でなくなる」日が近づいていることを示唆する動きとも捉えられる>

韓国の人気グループBTS(防弾少年団)は12月6日、「長期休暇」に入ると発表し、ファンを驚かせた。

BTSが所属するビッグ・ヒット・ミュージックが発表した声明にはこうある。

「BTSが『BTS PERMISSION TO DANCE ON STAGE-LA』と『2021年ジングルボール・ツアー』という公式活動を終えた後、2019年に続き2回目の公式長期休暇を取ることをお知らせします。コロナ禍にある2020年と2021年、BTSはファンと交流するために活動を続け、輝かしい結果を出して世界のトップアーティストとしての地位を確立しました。今回の休息期間は、精力的に活動に打ち込んできたBTSのメンバーにとって、新たにインスピレーションを得て、創造的なエネルギーを充電する機会となります。また、彼らはデビュー以来初めて、家族と一緒にホリデーシーズンを過ごすことになります」

さらに、BTSが「『新しい章』の始まりとなるコンサートと新アルバムのリリースの準備に集中する」ことも付け加えられた。彼らは来年3月にソウルでの対面コンサートを開催することを発表している。

迫る兵役の現実

休暇後の活動が期待されると同時に、「その日」が来るのはいつかという疑問が再び頭をもたげてきた。

休養発表と同じ日、メンバーのRM、JIN(ジン)、SUGA(シュガ)、J-HOPE、JIMIN(ジミン)、V、JUNGKOOK(ジョングク)がそれぞれインスタグラムのアカウントを立ち上げ、数百万人のフォロワーを獲得した(JUNKOOKが投稿を取り消したり、SUGAが「インスタは難しい」と書いたり、VがBLACKPINKのジェニーのアカウントをフォローしてすぐに取り消すなど、当初は混乱もあった模様)。

これまでSNSの個人アカウントを持っていなかった彼らがそれぞれインスタを開設したのは、長期休養中にARMY(アーミー)と呼ばれる熱心なファンと連絡を取り合うための手段かもしれない。一方で、避けられない「終わりの始まり」と捉えることもできる。

今のBTSの人気からすれば、グループのメンバーが欠けるのは考えられないこと。だが彼らの母国・韓国では徴兵制度があるため、それは近い将来に直面しなければならない現実だ。

韓国の法律では原則18~29歳の健常な男性はおよそ21カ月間、兵役に就かなければならない。BTS自身も2019年、米CBSの番組「サンデー・モーニング」のインタビューで、義務を果たすためにグループが「完全体でなくなる」見通しについて語った。ジンはその問題について尋ねられ、「韓国人としては当然のことで、いざ義務が発生したら、私たちはそれに応えて最善を尽くすつもりです」と述べている。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国成長率、第4四半期さらに減速 消費や不動産市場

ワールド

フィリピン大統領選、マルコス氏の立候補資格巡る訴え

ビジネス

三菱UFJ銀の当座預金、一部にマイナス金利適用の見

ワールド

トンガ噴火、火山灰で飲料水汚染 リゾート地全壊

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:コロナの最終章?

2022年1月18日号(1/12発売)

猛烈な勢いで世界に感染拡大するオミクロン株は、新型コロナが「普通の風邪」に変わる予兆か

人気ランキング

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて危うく搭乗拒否の騒ぎに

  • 4

    南極に引っ越す人が、事前に必ず受けなければならな…

  • 5

    来日25年のフランス人が気付いた、日本の「あり得な…

  • 6

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 7

    賢い人はそう答えない......「相手をがっかりさせる人…

  • 8

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 9

    習近平のメンツ丸つぶし 欧州「中国離れ」に火をつけ…

  • 10

    エセ科学を信じるジョコビッチの無責任

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日本人がシリア警察をボコボコにしたから

  • 4

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 5

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 6

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 7

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 8

    人体に新たな部位が発見される アゴの筋肉の奥に、…

  • 9

    「身内下げ」が子どもの自己肯定感を奪う

  • 10

    「東大王」紀野紗良が「もっと早く読んでおきたかっ…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日本人がシリア警察をボコボコにしたから

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 6

    歴史上初めて、探査機が太陽に「触れた」

  • 7

    透明な頭部、極めて珍しい深海魚「デメニギス」の姿…

  • 8

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 9

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月