最新記事

ビートルズ

ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールであることを伝えたい

The Marvel That Is McCartney

2021年12月1日(水)17時45分
ジャック・ハミルトン

レノンが殺害されてわずか数時間後に取材されたときは、不謹慎とも取れる対応でマスコミと音楽ファンに総スカンを食らい、何年も悪評に苦しんだ。改めてニュース映像を見ると、胸が痛む。そこに映るのは悲しみに打ちひしがれ、有名人の不幸に群がる記者たちの前で必死に平静を保とうとしている1人の男。目には恐怖ともろさが宿っている。

そういうわけで『詩集』から意外な素顔が浮かび上がらなくても、驚くには当たらない。エッセーの多くも、ファンにはよく知られた内容だ。

「イエスタデイ」を最初は「スクランブルエッグ」と呼んでいたこと。「ペニー・レイン」で故郷リバプールの風景を描いたこと。「ヘイ・ジュード」の一節を書き換えるつもりだったが、レノンの強い勧めで残したこと。

母親愛用のの「ニベア」が生んだ詞

目新しい話題は乏しいが、だからこそ小さな発見が光る。幼少期を振り返るくだりもいい。「エリナー・リグビー」の中の「瓶から仮面を出して着ける」は、母が愛用していたニベアのクリームがヒントになったという。

サウンドの作り方も素晴らしい。73年にポール・マッカートニー&ウイングスで発表した「レット・ミー・ロール・イット」について書いた項で、マッカートニーはギターリフについて、こうつづる。

「相手に近づきたいが、心を開く覚悟はできていない──そんなためらいを唐突に始まり唐突に終わるリフで表した。何度も曲の勢いを遮るギターに、テーマを重ねた」

私にとってマッカートニー作品の魅力は、何より言葉の意味の限界を受け止め、「歌詞を目当てにロックを聞く方はお引き取りください」とやんわり諭すような姿勢にある。

「トゥ・オブ・アス」をめぐるエッセーでは、そんな姿勢が浮かび上がる。ビートルズ最後のアルバム『レット・イット・ビー』の収録曲「トゥ・オブ・アス」は、作為の跡を感じさせない伸びやかな名曲。こんな歌を作ることができるなら、ほとんどのバンドは魂を差し出すだろう。

マッカートニーが当時の妻リンダについて書いた曲だが、実際にマッカートニーとレノンのデュエットに耳を傾ければ、2人の愛の歌にしか聞こえなくなる。当人同士が二人三脚を卒業しても、声はまだ深く愛し合っていたのだ。

エッセーでマッカートニーは「2人で当てもなく車を走らせる/誰かが苦労して稼いだ/金を使って」という部分は意味がよく通らないと書いた上で、告白する。「私は必ずしも歌詞に意味を求めない。(意味がなくても)しっくりくることもあるのだ」

作詞家マッカートニーの神髄を、これ以上的確に伝える言葉はないだろう。

©2021 The Slate Group

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、米大統領の日韓歴訪中に核・ミサイル実験の可

ワールド

米大統領、コロナ濃厚接触者に該当せず 娘が陽性判定

ビジネス

米ターゲット27%急落、2─4月期利益が半減 コス

ビジネス

S&P500ESG指数からテスラを除外、人種差別や

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 4

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 5

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    ロシア軍、地上戦力の3分の1を失った可能性──英国防省

  • 8

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 9

    『はじめてのおつかい』がアメリカで巻き起こした大…

  • 10

    「すぐつなげ」「すぐつなげ」「すぐつなげ」苦情な…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月