最新記事

グルメ

食堂感覚で通いたい、新感覚のビストロ料理店:レ・コパン ドゥ ドミニク・ブシェ

2017年1月18日(水)17時30分
※madame FIGARO.jpより転載

「お米のガレット」¥1,620。ご飯をパプリカやハムと卵に入れて焼き上げた1品。お米のスペイン風オムレツといった味わいだ。

 去年の夏、移転リニューアルしたレストラン、ドミニク・ブシェ トーキョー。そのセカンドラインがここ。フランスのガストロノミー界を30年以上牽引してきたドミニク・ブシェが提案する、新感覚のビストロ料理店だ。日仏両国のソウルフードをテーマにした料理は、「ホタテ貝のクネル」のようなオーソドックスなフレンチの古典料理もあれば、おやきをドミニク流にアレンジした「お米のガレット」がメニューを飾るなど、多彩な料理構成が楽しい。そのシンプルかつ軽やかな食後感は、ガストロノミーで培った素材への丁寧なアプローチを感じさせる。店名通り、親しい仲間たちと食堂感覚で通いたくなる気軽さも、また魅力だ。

01-gourmande-161216.jpg店名のレ・コパン(仲間)に込められた分かち合いのエスプリを大切にした店内は、温もりのある雰囲気。

03-gourmande-161216.jpg「ホタテ貝のクネル」¥2,592。オマールエビのビスクソースが秀逸。

04-gourmande-161216.jpgワインバーとしての利用も可。

(参考記事)名ソムリエのワインとともに和の味を愉しめる乃木坂 しん。
(参考記事)薪で豪快かつ丁寧に焼き上げる、代官山の肉イタリアン。

memo
 グラスワインが20〜30種あり、750円からと手頃な値段設定。ワインバーとして利用できるのもうれしい。


レ・コパン ドゥ ドミニク・ブシェ
東京都中央区銀座5-1-8 銀座MSビルB1F
tel:03-6264-6566
営)17時30分〜22時L.O.
休)日
予算:¥8,000〜
座席数:テーブル24席、6人用個室1室
www.lescopains.jp
*「フィガロジャポン」2016年12月号より抜粋

texte : KEIKO MORIWAKI, photos : YU NAKANIWA

※当記事は「mademe FIGARO.jp」からの転載記事です。

Figarojp_logo200.jpg

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米上院司法委、ハイテク大手対象の法案承認

ワールド

核合意再建協議、数週間以内に「決定的」局面迎える=

ワールド

ロシアがウクライナ越境なら「侵攻」、バイデン大統領

ビジネス

米メルクのコロナ経口薬、27社が廉価版を製造へ 低

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 2

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から「アンガーマネジメントが必要」との声も

  • 3

    おまけ狙いの爆買い男性に106食分を売った中国ケンタッキー、当局から正式に怒られる

  • 4

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 5

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 6

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 7

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 8

    北京五輪には自前のスマホを持ち込むな、米加が選手…

  • 9

    オタク活動に注意? 芸能人を好きになり過ぎると「知…

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 5

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 6

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 7

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 8

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 9

    「東大王」紀野紗良が「もっと早く読んでおきたかっ…

  • 10

    セクシーさと多様性で席巻! リアーナの下着ブランド…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 7

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 8

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 9

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 10

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月