最新記事

はやぶさ2

興奮! しつこく、粘り強く「はやぶさ2」とチームは一体となった

2019年2月26日(火)20時00分
秋山文野

「岩の数、高さまでしつこいくらい観測した」

今回素晴らしく賢く、津田雄一プロジェクトマネージャが「10月からこの4か月間計画を万全にして、昨日、今日と着陸に臨みました。想定の中ではベストで着陸できたと思います」と評したタッチダウンを成功させたはやぶさ2。事前の計画と準備を行ったチームの力がある。

当日のフライトディレクターを務めた佐伯孝尚プロジェクトエンジニアは「チーム全体の、ある意味しつこさが実ったのかと思います。訓練をしつこいくらいやって、到着したらしたでリュウグウ全体を観測した上で、L08の岩の数、高さまでしつこいくらい観測して、それが今回の成功に結び付いたかなと思います」と緻密な事前準備について述べた。

hayabusa2_TD_candidate_site_DEM_mono.png

佐伯プロジェクトエンジニアが「しつこいくらい」行った準備のひとつがタッチダウン候補地点付近の3D地形図作成だった。クレジット:JAXA

最速タッチダウンを成功させたチームの力は、その精度にも現れたようだ。当初は2018年10月に予定されていたタッチダウンを2019年の2月まで延期したのは、小惑星リュウグウが事前の予想以上に岩が多い地形で、50~60センチメートル以上の岩がない、直径100メートルの開けた場所は見つからなかったことによる。そのため、当初予定の16分の1という直径6メートルのごく狭い領域を目指すことになった。

タッチダウンから1分後にはやぶさ2が撮影したリュウグウの画像には、上昇するはやぶさ2の小型エンジンの噴射または発射したプロジェクタイル(弾丸)によって巻き上げられた砂が濃いグレーに写っている。

この画像からリュウグウ表面の岩石の性質の手がかりを得ることができ、研究者を興奮に巻き込んでいる。それだけでなく、タッチダウン予定だったエリアをマーキングしてみると、砂の部分はほぼタッチダウン領域と一致。はやぶさ2はわずか6メートルの領域に予定通り降りたといえそうだ。

Pub_40900_20190222000441_58216A36_NAV.jpg

タッチダウンの約1分後にはやぶさ2が上昇しながらタッチダウン地点付近を撮影した画像。 広角光学航法カメラ(ONC-W1)で機上時刻(はやぶさ2とリュウグウの現地時刻)2019年2月22日07:30ごろに撮影された。クレジット:JAXA, 東京大, 高知大, 立教大, 名古屋大, 千葉工大, 明治大, 会津大, 産総研)


Fig2.jpg

上昇するはやぶさ2が撮影した画像にタッチダウン予定地点を重ねた図。矢印の先の白い点は、目印としたターゲットマーカ。クレジット:JAXA, 東京大, 高知大, 立教大, 名古屋大, 千葉工大, 明治大, 会津大, 産総研)

人工的にクレーターを作る重要なミッションに

今後はやぶさ2は、3月から4月にかけて、インパクターと呼ばれる銅製の衝突体をリュウグウ表面にぶつけ、人工的にクレーターを作る重要なミッションに挑む。クレーターの直径は2~3メートルになると考えられており、このクレーター付近に降りて物質を採取するとすれば、第1回タッチダウン同様に精密な着陸を要求される。

第1回タッチダウンにあたり、はやぶさ2が事前に観測した情報を元に、着陸予定地付近の3D地形モデルを作成して準備に望んだ。佐伯プロジェクトエンジニアのいう「L08の岩の数、高さまで」調べたということだ。インパクター衝突後には地形が一変するため、改めて3D地形モデルの作成も検討しているという。しつこく、粘り強くはやぶさ2とチームは一体となって、次の重要ミッションに挑もうとしている。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

ロシア、ウクライナに次世代レーザー兵器投入=ボリソ

ワールド

サリバン大統領補佐官、楊潔チ氏と電話会談 安全保障

ワールド

ロ・ウクライナ、和平交渉の停滞巡り批判合戦

ワールド

ロシア、ウクライナ投降兵らの動画公開 「食事や治療

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 4

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 5

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    ロシア軍、地上戦力の3分の1を失った可能性──英国防省

  • 8

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 9

    『はじめてのおつかい』がアメリカで巻き起こした大…

  • 10

    「すぐつなげ」「すぐつなげ」「すぐつなげ」苦情な…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月