最新記事

主張

官能写真の撮影は私にとって最高の癒やし

“I’m an Erotic Photographer”

2021年03月22日(月)13時30分
エレン・スタッグ(写真家)

体を使った表現はパンクな自己主張だと語るスタッグ David Byrd

<他人目線のポルノではなく自身のために撮り続けて>

私が初めて官能的な写真を撮ってみようと思ったのは、10代後半の頃。大学以降はエロチックな写真撮影にのめり込んでいったけど、まだ自分の写真をそういうふうに定義付けてはいなかった。

当時はよく友人たちを被写体にして、楽しみながら官能写真を撮っていた。でも彼らは必ず後で、「ネットに上げるのはやめて」と言ってきた。これはなかなか厄介だった。それこそが私の専門なのに。

そして2005年、私は「レズビアンのポルノ女王」ジャスティン・ジョリーに出会った。彼女は自分のウェブサイト用写真を撮影するカメラマンを探していた。あんな開けっ広げな人に出会ったのは初めて。彼女は私の写真の腕を褒め、友人たちに紹介したいと言ってくれた。

それがきっかけで私のキャリアは一変した。私は当時、彼女がどれほどのスターかを知らなかった。ジャスティン・ジョリーを撮ったことがあると分かると、モデルやポルノスターたちが次々と私を指名したがった。

ジャスティンやアダルト業界の女性たちと一緒にいると、ようやく自分の天職を見つけたような気がした。彼女たちはプライベートで楽しむためではなく、仕事で使うための写真を必要としていたから。15年前の当時は今のように、インスタグラムなどのSNSで簡単にモデルを探せる時代ではなかった。

モデルたちには最初に連絡するときに、ヌードになれるか、どこまでOKかを聞いて、完全に向こうの意思を尊重する。撮影では常に実験的な挑戦を心掛けている。でも私は、自分の官能写真はポルノとは別物だと思う。ポルノは見る人を興奮させるためのものだけど、私の写真は自分自身とモデルのためのものだから。私は自分自身を表現するために写真を撮っている。

選択こそがフェミニズム

フェミニズムは選択だと私は思う。フェミニストが体を使って表現することを選ぶのは、私からすれば最高にパンクな自己主張だ。

以前、あるモデルに髪を染めるべきだろうかと聞かれたが、私は絶対にそういう指示はしない。それは彼女の選択だから。豊胸手術をしたいと友人から相談されたら、自分のしたいようにすればいいと助言する。誰かのためではなく、自分のためなら賛成だ。

ニュース速報

ワールド

米アマゾン、2.5億ユーロの追徴課税巡りEU裁で勝

ワールド

ブラジル、東京五輪・パラ代表選手にコロナワクチン接

ビジネス

日経平均が600円超す下げ、米金利上昇懸念で3日続

ワールド

台湾各地で制限強化、新型コロナ感染者増加受け

RANKING

  • 1

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 2

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 5

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 1

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 2

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 3

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 4

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 5

    アメリカでは子どもにどう英語を教えるのか?

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 3

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売