最新記事

HIIT

話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

2021年05月06日(木)18時45分
松岡由希子

HIIT(ヒット)は、必要な時間やエネルギー消費量が少ないにもかかわらず、心肺持久力、血糖値の調節などを改善させる...... Antonio_Diaz -iStock

<豪西シドニー大学らの研究チームは、高強度インターバルトレーニング(HIIT:ヒット)と心血管代謝への効果について研究論文11本をレビューした...... >

高強度インターバルトレーニング(HIIT:ヒット)は、数分間、ゆるやかなペースで自転車を漕いだあと、短時間で最高速度にまでペースを上げ、再びゆるやかなペースに戻すといったように、高強度と低強度の運動を交互に繰り返すトレーニング方法だ。

一般的なトレーニングに比べて時間をかけずに、有酸素能力の向上収縮期血圧(最高血圧)の低下心血管疾患リスクの減少に役立つ。

筋肉のミトコンドリアの数を増やす

ではなぜ、高強度インターバルトレーニングには、このような効果が期待できるのだろうか。健康増進は、エネルギー源として蓄えられている骨格筋グリコーゲンの使用量ではなく、その使用率によってもたらされると考えられている。

高強度インターバルトレーニングでは、運動に必要なエネルギーを供給するため、体が筋肉のミトコンドリアの数を増やし、活発化させて、筋グリコーゲンを枯渇させる。つまり、このように筋グリコーゲンの使用率が上がることで、健康増進や代謝機能の向上につながるというわけだ。

心肺持久力、血糖値の調節、血圧、心機能を改善させる

豪西シドニー大学らの研究チームは、15分未満の高強度の運動を「低量高強度インターバルトレーニング」と定義づけ、その心血管代謝への効果について研究論文11本をレビューし、2021年3月24日、学術雑誌「ジャーナル・オブ・フィジオロジー」でその結果を発表した。

これによると、低量高強度インターバルトレーニングは、一般的な有酸素運動に比べ、必要な時間やエネルギー消費量が少ないにもかかわらず、心肺持久力、血糖値の調節、血圧、心機能をこれと同等以上に改善させる効果がある。

炭水化物や脂肪などを燃焼する能力を高め、これが血糖コントロールにつながり、2型糖尿病といった疾病の予防にも役立つ。左心室の機能が高まり、全身により多くの血液を送り出すようにもなる。また、心肺持久力が少し向上するだけでも、心臓発作や脳卒中といった心血管系有害事象のリスクを10〜30%軽減できる。

ただし、高強度インターバルトレーニングに関するこれまでの研究成果には制約もある。多くの研究は実験室環境で行われているため、実際にどのくらい効果があるのかは明らかでない。

多忙な現代人でも活用しやすい手段のひとつ

世界保健機関(WHO)のガイドラインでは、18〜64歳の成人に、週150〜300分の中強度の運動または週75〜150分の激しい高強度の有酸素運動をするよう推奨しているが、「時間がない」ことを理由に運動を習慣づけられない人が少なくない。

また、英ハダースフィールド大学の研究結果では「低量の運動介入は、過度に困難さや不快感を与えることなく、用いやすい」ことが示されている。これらのことから、短時間で一般的な運動と同等以上の効果が得られる高強度インターバルトレーニングは、多忙な現代人でも活用しやすい手段のひとつといえそうだ。

15 MIN FULL BODY HIIT WORKOUT - burn lots of calories / No Equipment I Pamela Reif

関連ワード

ニュース速報

ワールド

コロナワクチン接種で血小板減少伴う血栓症例が415

ビジネス

インド独禁法調査再開に異議、フリップカートとアマゾ

ビジネス

コロナ後の金融・財政:緩和政策の転換、「前向きの好

ビジネス

6月ロイター企業調査:9割はサイバー攻撃に対策、大

RANKING

  • 1

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    家族と会えずに死にゆくコロナ患者たちの「最後の別…

  • 4

    ワイキキ小学校を成績優秀校に変えた「16の習慣」と…

  • 5

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 1

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 2

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 3

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 4

    大坂なおみだって悩める弱い1人の若者、それを認めれ…

  • 5

    ワイキキ小学校を成績優秀校に変えた「16の習慣」と…

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 3

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 4

    大坂なおみだって悩める弱い1人の若者、それを認めれ…

  • 5

    話す力を鍛えるアメリカの学校教育

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売