最新記事

習慣教育

ワイキキ小学校を成績優秀校に変えた「16の習慣」とは?

2021年06月15日(火)20時25分
船津徹

YouTube/OurPublicSchool

<「あるプログラム」を学校の基本方針に取り入れた公立小学校の軌跡は、生来の才能に関わりなく学力を鍛えられることを証明しましたが、これはあくまで稀なケース。優秀な子どもを育てる親には共通点があります>

日本人に馴染み深い南国リゾート地ハワイ。あまり知られていませんが、ワイキキビーチのほど近くにあるワイキキ小学校は、全米の公立学校にとって最大の栄誉である「ブルーリボン賞」を、2007年、2013年、2020年の合計3回受賞している成績優秀な小学校です。

成績優秀校と言っても学区内に住む子どもであれば誰でも通うことができるごく普通の公立小学校です。生徒構成は低所得者家庭が22%、マイノリティーが84%、英語を第二言語で学ぶELL(English Language Learner)が22%と、決して恵まれた環境とは言えません。事実、2003年の学力調査では、習熟目標に到達している生徒の割合が英語41%、算数28%と、学力的にも厳しい学校でした。

ところが「あるプログラム」を取り入れたことをきっかけにワイキキ小学校は成績優秀校として全米で知られるようになったのです。いったいどうやって成績不振校から優秀校へと変貌することができたのでしょうか?

習慣教育を取り入れたことで学校が変わった!

ワイキキ小学校が変わるきっかけとなったのが、カリフォルニア州立大学名誉教授アーサー・コスタ博士が提唱する「Habits of Mind」と呼ばれる「習慣教育」を取り入れたことです。

アーサー・コスタ博士はカリフォルニア州の学校指導カリキュラム制作担当者として長らく教育行政に関わってきました。どうしたら学業や社会で成功する人材を育てることができるのか? 全米の教育者や研究者と議論を重ねる中で、優秀な子どもには「共通する習慣」があることが分かったのです。それらをまとめたものが「Habits of Mind」です。

コスタ博士の「Habits of Mind」を学校の基本方針として取り入れてからワイキキ小学校の学力は飛躍的に向上し、2008年の学力調査では英語の習熟率が83%、算数が66%を記録。2014年には英語94%、算数93%というレベルまで高まったのです。

ニュース速報

ビジネス

6割のニューヨーカー「クオモ氏は辞任を」、セクハラ

ワールド

亡命希望のベラルーシ五輪選手、オーストリアに無事到

ビジネス

米雇用、毎月約50万人増へ 来夏までにコロナ前回復

ビジネス

トランプ氏、司法省の納税開示命令に異議 「正当な根

RANKING

  • 1

    習慣化した撮影現場でのセクハラの実態...ラブシーン…

  • 2

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    職場や家庭でのメンタルケアに。注目の心理カウンセ…

  • 5

    薬物依存の息子の死を覚悟した母親が語る、依存症克…

  • 1

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    セクシーなシーンが満載なのに、欲求不満になるドラマ

  • 4

    習慣化した撮影現場でのセクハラの実態...ラブシーン…

  • 5

    薬物依存の息子の死を覚悟した母親が語る、依存症克…

  • 1

    選手村のコンドーム配布 ユース五輪で配ると「本当…

  • 2

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 3

    IQ146の米「最年少」メンサ会員、2歳の天才児を持つ…

  • 4

    ブリトニー・スピアーズの後見制度はやりすぎでは? …

  • 5

    さらばビクトリアズ・シークレットのエンジェルたち…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売