最新記事

資産形成

27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の「仕事とお金」遍歴

I Have the Money to Retire at 27

2021年09月16日(木)06時57分
トーリ・ダンラップ(「彼女の最初の10万ドル」創業者)

女性の経済的自立を支援するサービスを立ち上げたダンラップ COURTESY TORI DUNLAP

<理論的には経済的自立・早期リタイアの「FIRE」もできるようになったが、今はまだ現役でビジネスを頑張りたい>

私は両親とお金の話をしながら育った。クレジットカードを使い過ぎないことや貯蓄や予算の立て方は、私たちの日常会話。両親とも富裕層の出身ではなかったので、賢い経済的選択をして、自分たちが子供の頃にできなかったことを娘に経験させようとした。

子供の頃は年に1度は家族で長い休暇を取り、アメリカ中を旅行した。13歳のときにはヨーロッパにも行った。私の家族は自分たちがしたいことにお金を使えるように、普段は倹約に努めていた。

大学に入ると、1年生のときに1つ、2年生のときには3つのアルバイトをこなした。奨学金をもらい、夏季休暇には毎年実家に帰って働いた。2016年5月に21歳で卒業すると、7月に最初の仕事に就いた。9~5時勤務の会社員だったが、副業としてフリーランスの仕事もした。

最初の目標は純資産10万ドル

その頃、25歳までに純資産10万ドルを達成した女性のブログ記事を読んで、自分が25歳で10万ドルをためるために必要な収入、貯蓄、投資の計画を考えてみた。

最初に就職した会社の給与は年5万5000ドル。年俸で8万ドルの仕事を3カ月間したこともあったが、ひどい仕事だったので辞めた。次の仕事は年俸7万ドルで、1年後に7万7000ドルに昇給した。

最初は給与の10%を貯蓄に回していたが、少しずつ増やして27%にした。住居費は当初、月750ドルの部屋を借りていたが、4年前の夏に今のアパートに引っ越した。当時の家賃は1400ドルだった。

預金、家賃、生活費、食費などを差し引いて残ったお金は、好きなことに使えた。私は日々の生活を楽しんでいたが、自分は何にお金を使いたいのかを慎重に決めていた。

純資産10万ドルを達成したのは19年9月半ばのある日。25 歳と3カ月のときだった。その後すぐ親友と南イタリアへ休暇に出掛け、戻ってきて3週間で退職。副業として始めた女性向けのオンライン資産形成支援サービス「彼女の最初の10万ドル(Her First $100k)」に注力することにした。

手持ちの10万ドルを使うつもりはなかったが、10万ドルあるという安心感があったので、仕事を辞める決断ができた。

その後の大きな変化は、このビジネスが大成功したこと。20年も良い年だったが、21年も絶好調だ。20年3月のフォロワー数は3万人だったが、今は200万人。ポッドキャストも2カ月間で100万ダウンロードを達成した。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

先端技術開発の基金創設へ=山際経済再生相

ワールド

トルコ中銀総裁、解任委員が利下げに反対との観測否定

ビジネス

焦点:中国指導部、景気減速でも不動産規制堅持 実行

ビジネス

アングル:気候変動対策で企業が出張削減、対応迫られ

RANKING

  • 1

    女性の美を競う世界大会5大会すべてで黒人女性が優…

  • 2

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 3

    「水着に抵抗はなかった」、元ミス・アメリカが現代…

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    残忍非道な児童虐待──「すべてを奪われた子供」ルイ1…

  • 1

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 2

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 2

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 3

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    27歳で早期リタイアできるだけの資産を形成した私の…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:ドキュメント 中国撤退

2021年10月19日号(10/12発売)

規制と圧力、そして始まる新・文化大革命 見切りをつけた外国企業にいよいよ撤退の兆し?

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売