最新記事

歴史

20世紀前半、帝都東京は中国人の憧れの街だった

2016年9月20日(火)15時42分
譚璐美(作家、慶應義塾大学文学部訪問教授)

tan160920-2.jpg

『帝都東京を中国革命で歩く』には古地図を多数掲載

 本郷に住んだ魯迅は夏目漱石に心酔し、コンビーフが好きだった。無鉄砲な蒋介石は2度目の来日でようやく軍人教育の学校へ入学したが、辛亥革命で帰国したとき、日本陸軍の記録に「脱走兵」と記された。周恩来は神田の漢陽楼に通い詰めて空腹を満たしたが、高等学校の受験に失敗し、失意のうちに帰国した。梁啓超は14年に及ぶ亡命生活で、吉田松陰と高杉晋作を崇拝して「吉田晋」と日本名を名乗った。女傑・秋瑾はすこぶるつきの美人だった。早稲田界隈にはチャイナタウンの賑わいがあった等々。

 これまで知られてこなかった歴史的発見もあった。文京区湯島の名刹・麟祥院(通称からたち寺)に佇む「中華民国留学生癸亥地震招魂碑」だ。1923年の関東大震災で亡くなった中国留学生の慰霊碑で、これまで建立の経緯が不明だったが、古い希少資料を調べてみると、日中戦争によって忘却の彼方に追いやられた日本の「誠意の象徴」だったことが判明した。

 私はこうした東京各地の中国留学生の痕跡をたどって歩き、拙著『帝都東京を中国革命で歩く』(白水社)にまとめた。「早稲田、本郷、神田」の3地区に分類して詳しく紹介しており、東京で生き生きと暮らした彼らの息遣いや、終生日本を追慕しつづけた彼らの「こころ」を感じとっていただけると思う。

 いつも見慣れた東京の風景も、カメラの焦点を少し絞ってみれば、まるで違う世界が広がって見えてくる。現代とは少し異なる時代感覚に触れ、少し異なる視点に立ってみれば、今はぎくしゃくしている日中関係にも、より良い未来を築くためのヒントが見つかるかもしれない。

 それよりなにより、明治大正時代の古地図を眺めているだけで、帝都東京の情景を想像してロマンが広がり、日頃のストレスを忘れさせてくれるのである。


『帝都東京を中国革命で歩く』
 譚璐美 著
 白水社

[執筆者]
譚璐美(タン・ロミ)
作家、慶應義塾大学文学部訪問教授。東京生まれ、慶應義塾大学卒業、ニューヨーク在住。日中近代史を主なテーマに、国際政治、経済、文化など幅広く執筆。著書に『中国共産党を作った13人』、『日中百年の群像 革命いまだ成らず』(ともに新潮社)、『中国共産党 葬られた歴史』(文春新書)、『江青に妬まれた女――ファーストレディ王光美の人生』(NHK出版)、『ザッツ・ア・グッド・クエッション!――日米中、笑う経済最前線』(日本経済新聞社)、その他多数。新著は『帝都東京を中国革命で歩く』(白水社)。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、米大統領の日韓歴訪中に核・ミサイル実験の可

ワールド

米大統領、コロナ濃厚接触者に該当せず 娘が陽性判定

ビジネス

米ターゲット27%急落、2─4月期利益が半減 コス

ビジネス

S&P500ESG指数からテスラを除外、人種差別や

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 4

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 5

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    ロシア軍、地上戦力の3分の1を失った可能性──英国防省

  • 8

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 9

    『はじめてのおつかい』がアメリカで巻き起こした大…

  • 10

    「すぐつなげ」「すぐつなげ」「すぐつなげ」苦情な…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月