最新記事

<ワールド・ニュース・アトラス/山田敏弘>

北朝鮮問題を解決するのはノルウェーなのか?

2017年5月11日(木)18時00分
山田敏弘(ジャーナリスト)

そもそもは学者など外部から政府に交渉が持ちかけられたりするなかで、交渉に乗り出すようになり、オスロ合意など実績を積んでからは各地から声がかかるようになったという。そしてその交渉術は「ノルウェーモデル」と呼ばれるようになっている。

その特徴は、長い目で密接に関係を作り、自らの利害を排除し、重要人物とNGOなどを結びつけることだと言われるが、実際には交渉に際しての柔軟性こそがノルウェーモデルだという声もある。またアメリカなどのような大国ではないので、紛争当事者たちも安心して交渉に望めると分析する専門家もいる。

ちなみにノルウェーはノーベル平和賞も担っている。基本的にノーベル賞受賞者はスウェーデンのノーベル委員会によって決められるが、平和賞だけはノルウェー・ノーベル委員会が決める。その選考委員会のメンバーは、ノルウェーの議会によって任命されている。そんな平和の使者のような印象の一方で、NATO(北大西洋条約機構)のメンバー国として、内戦状態のリビアなどに軍を派兵し、多くの爆撃を実施している。

【参考記事】文在寅とトランプは北朝鮮核で協力できるのか

ではそんなノルウェーが北朝鮮の核問題で仲介役となれる可能性はあるのか。実際2006年に、ノルウェー紙で北朝鮮政府が核開発問題で国際社会との仲介を求めたと報じられたことがあった。また現在、北朝鮮のサッカー代表チームの監督は、ドイツなどで活躍した元ノルウェー代表のヨルン・アンデルセンが務めている。

ノルウェーと北朝鮮がなんらかの形で接触を取れるようなことになれば、アメリカとの緊張緩和に向けた交渉の糸口になれるかもしれない。サッカーの代表監督から繋がる可能性もなくはない。

そしてノルウェーが絡んで休戦中の北朝鮮とアメリカが和平合意すれば、金正恩・朝鮮労働党委員長とドナルド・トランプ大統領が仲良くノーベル平和賞を受け取るという「歴史的」な光景が見られる、なんて冗談みたいな話が起きる可能性も否定はできない。

ただ現実にはその可能性は限りなく低いだろう。アメリカや日本だけでなく、中国やロシアなど利害と思惑がからみあう大国がにらみを利かす中での仲介は相当に困難なものだ。北朝鮮が仲介をノルウェーに持ちかけたとされるのは、故金正日総書記の時代のことで、いくらスイス留学経験がある金正恩でもノルウェーに仲介を要請するようなことは考えにくい。

残念ながら、ローマ法王のアイデアは現実的ではないと言わざるを得ない。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガリニューアル!
ご登録(無料)はこちらから=>>

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

南ア中銀、6年超ぶりの50bp利上げ インフレ対応

ビジネス

米マクドナルド、ロシア事業をフランチャイジーに売却

ビジネス

米中古住宅販売、4月は2.4%減 価格過去最高

ビジネス

FRB、米株市場を標的にしていない=カンザスシティ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 6

    【映像】擬態したピューマと目が合ったハイカー、一…

  • 7

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 10

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプチューン」が戦局を変えた

  • 4

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 7

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 8

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 9

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 10

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月