最新記事

北朝鮮拉致問題

ジェンキンス死去、波乱の人生の平穏な最終章

2017年12月21日(木)12時00分
山田敏弘(ジャーナリスト)

ただ日本での生活も当初は平穏なものではなかった。曽我の故郷である佐渡島に渡ってからも、時の人として注目を浴びる日々を過ごした。言葉の分からない国で自分を取り巻いて繰り広げられる喧騒――。そんな生活の中で酒の量が増えた時期もあった。

好きなバイクを3台所有

ジェンキンスは佐渡でどんな暮らしぶりだったのか。日本語を学ぼうとしなかったジェンキンスの唯一と言っていい友人で、通訳を務めていた本間啓五は、「日本での生活を満喫したと思う。縛るものは何もなく、自由に暮らせたのだから」と語る。

例えば、大好きなバイクを3台所有し、天気のいい日は佐渡島をツーリングした。そんなことから、バイク雑誌の表紙を飾ったこともあった。しかし「バイクは危ない」という妻の要望で、ジェンキンスは70歳を機に乗るのをやめた。

普段は佐渡市内の土産物店に勤めていた。職場には自慢の軽自動車で通勤し、遅刻することはなく、勤務態度は至って真面目。12年に筆者が取材した際に、「北朝鮮での年収を1カ月ほどで稼げるからやりがいはある」と目を輝かせて語っていたジェンキンスは、仕事に生きがいを見いだしていた。

自宅に帰ると、介護施設に勤める勤務時間の不規則な妻と保育施設で働く長女の帰宅を待ちながら、好きな酒を飲んだり、自宅裏の畑をいじったりした。相変わらず酒はよく飲んだが、健康状態は良好だった。

magw171221-jenk02.jpg

北朝鮮の自宅前で長女と。北朝鮮での暮らしは不自由だったが家族との生活は幸せだった Toshihiro Yamada

夫婦の仲も悪くなく、本間に言わせると「どこにでもいる夫婦」だった。酒を控えるよう曽我に言われていたジェンキンスは、自宅の蔵などあちこちに酒を隠していた、と本間は笑う。家で1人のときは、溺愛していた愛犬のゴールデンレトリバーをそばに置いて、蔵で飲むこともあったという。

ジェンキンスは、妻が積極的に参加する拉致被害者の早期の帰国を求める署名活動に姿を見せることはほぼなかった。帰国者による節目の会見などにも顔を出さなかった。「日本語がしゃべれないから」と言う人もいるが、署名活動なら言葉は必要ない。拉致被害者ではないという自身の立場から、あえて一歩引いて、積極的に関わらなかったと指摘する関係者もいる。

そんなジェンキンスに転機が訪れたのは、2年ほど前のこと。愛犬のゴールデンレトリバーが死んだのだ。さらにその数カ月後には、まだ結婚前だった次女ブリンダの誕生日にジェンキンスがプレゼントしたチワワも死んだ。

ジェンキンスは、それまで見たことのないような落ち込みぶりだったと家族や知人は口をそろえる。周囲は「ペットロス」になったジェンキンスの様子をかなり気に掛けていたという。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

中国がカナダ2社のカノーラ種子輸入規制解除 3年ぶ

ビジネス

テスラ車絡む今月の死亡事故、米当局が運転支援機能巡

ワールド

米でコロナ感染増、CDCは50歳未満への4回目接種

ワールド

NZ、今年度の財政赤字は予想より小幅に 黒字化は後

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 6

    【映像】擬態したピューマと目が合ったハイカー、一…

  • 7

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 10

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 7

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 8

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月