最新記事

終戦秘話

終戦の歴史に埋もれた2通の降伏文書

Japan's Surrender Re-examined

2018年9月6日(木)17時00分
譚璐美(たん・ろみ、作家)

magh180906-larr.jpg

父ラール大佐の写真に見入るピーター・ラール Q. SAKAMAKI

1945年8月15日に日本がポツダム宣言を受諾したことを公表すると、翌16日、連合国軍最高司令部は日本へ電報を発し、フィリピンのマニラで日本上陸のための準備会議を開くので、日本から代表数人を派遣するよう通告した。日本は大本営参謀次長の河辺虎四郎陸軍中将を全権として、海軍の横山一郎少将、外務省調査局長の岡崎勝男ら、総勢16人の代表団を結成した。

8月16日の時点で、ラール大佐はマニラにある連合国軍最高司令部の参謀本部におり、そこでマッカーサーの右腕のスティーブン・チェンバレン准将の下で「マニラ会議」の準備作業と文書作成に着手した。彼が連日徹夜で作成した文書は「1945年8月19日及び20日のマニラにおける日本側降伏使節団に対する要求文書」(以下、「要求文書」と略す)と、3種類の「命令書」―― (1)天皇布告文、(2)降伏文書、(3)陸海軍一般命令第一号――である。

8月19日、日本の代表団は米軍指定の「安導権」を示す「緑十字」のマークをつけた白塗りのDC3型、後に一式陸上攻撃機2機に分乗し、羽田から木更津経由で九州へ向かい、伊江島で米軍のDC4型輸送機に乗り換えてマニラに飛んだ。午後6時、マニラのニコルス空港へ到着し、官舎で七面鳥の豪華な夕食を振る舞われた後、午後9時、連合国軍最高司令部のあるシティ・ホテルで会議が始まった。

連合国軍参謀長のリチャード・サザーランドが代表として、まず日本の陸海軍の装備と配置状況を説明するよう求めた。次に日本の天候、南九州の鹿屋海域と関東地方の陸軍の配置状況、空港の規模、東京湾沿岸海域の海軍の配置状況について詳細に聴取した。

そしてラール大佐が作成した「要求文書」に基づき、8月26日に米軍の先遣隊が上陸予定の南九州、28日にマッカーサーが上陸予定の厚木海軍飛行場周辺、それに降伏文書の調印式を行う東京湾の海域と関東地方に配置された日本の陸海軍の完全撤収を2日間で完了するよう要求した。

ラール大佐の調印式準備

翌20日の午前中、3種類の「命令書」が日本側へ手渡された。午後1時、日本の代表団16人は会議室から追い立てられるように空港へ送られ、再び米軍のDC4型機でマニラを離れた。

21日以降、マニラを大型台風が直撃したため予定を2日ほど遅らせて、28日に米軍の先遣隊150人が南九州へ向けて出発。ラール大佐を含めた50人の別動隊も厚木へ向かった。そして2日後の30日、マッカーサー将軍が厚木海軍飛行場に降り立った。

黒いサングラスにコーンパイプ(トウモロコシ製のパイプ)をくわえ、愛機「バターン」号のタラップを下りる姿は颯爽として見えた。だが内心では極度に緊張していたのだと、ラール大佐は後から聞いた。マッカーサーだけでなく、米軍兵士は誰もが日本の至る所に命知らずの特攻隊員が潜んでいて、いつ爆弾を抱えて突撃してくるかと恐怖に怯えていたのだという。

マッカーサーを乗せた車列は猛スピードで横浜へ向かい、山下公園に面したホテルニューグランドに滑り込んだ。ホテルに先行していたラール大佐は寸暇を惜しんで妻に手紙を書いた。

「今日は快晴だ。僕が今いるところは、水洗トイレ付きの清潔な部屋で、横浜のグランドホテルだ。東京から横浜の間の水道を止めて住人を立ち退かせ、われわれに優先的に水道水を提供してくれている......市内約20マイル圏内には警官が配置されて巡回し、道路にはピケが張られている」

便箋4枚にびっしり書かれた手紙からは、米軍の厳重な警戒ぶりがうかがえる。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシア、ウクライナに次世代レーザー兵器投入=ボリソ

ワールド

サリバン大統領補佐官、楊潔チ氏と電話会談 安全保障

ワールド

ロ・ウクライナ、和平交渉の停滞巡り批判合戦

ワールド

ロシア、ウクライナ投降兵らの動画公開 「食事や治療

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 4

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 5

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    ロシア軍、地上戦力の3分の1を失った可能性──英国防省

  • 8

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 9

    『はじめてのおつかい』がアメリカで巻き起こした大…

  • 10

    「すぐつなげ」「すぐつなげ」「すぐつなげ」苦情な…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月