最新記事

流星群

吉兆か凶兆か? 平成が終わる新年の日本で「しぶんぎ座流星群」を撮影

2019年1月4日(金)17時37分
内村コースケ

夜明け前に集中して出現

やがて若者グループなど3組が同じ駐車場にやってきた。手元の温度計はマイナス12度。風も出ていた。冬山登山に近い格好はしていたものの、外に立って夜空を眺められるのは連続15分くらいが限度だ。三脚にカメラを固定して、連続して30秒露光するようにセットし、定期的に車に入って暖を撮りながら夜明けまで観測・撮影を続けた。

写真は、広角レンズで蓼科山と白樺湖を下の方に入れた構図に固定。そのフレームに収まる範囲の夜空を中心に眺めた。最初の流星が見えたのは観測を初めて30分ほど経った頃。カメラのセッティングを確認したり、スマートフォンで情報を確認しながら、大半は車の窓越しの素人観測だったため、かなりの数を見逃したはずだが、午前2時〜6時の4時間で、大小20個ほどを目視した。

写真に写っていたのは、15個。そのうち3個、2個と1枚に同時に写っていたのが2枚(30秒の露光時間の間に出現)。肉眼ではほんの一瞬、写真ではパソコンの画面いっぱいに拡大しないと確認しにくいようなものがほとんどだったが、終盤の5時41分35秒のカットに写ったものは、ひときわ明るくて大きく、美しかった。「火球」と呼んでいいクラスだったと思う。

3個同時に写っていたカットは、5時25分3秒。これに17分先立つ火球のカットとの間には、計3個が写っていた。午前6時には空が白み始めたが、やはり極大に近い夜明け直前の時間帯に集中して流れたのだろう。掲載した写真は、3個同時カットと火球カットの2枚を重ねて合成したものだ。

好条件の流星群出現と共に明けた日本の2019年。古今東西、流れ星を吉兆と捉える文化もあれば、凶兆と見る文化もある。今年の「しぶんぎ座流星群」は、来る日本の新時代にとっては、どちらだったのだろうか。

<参考>国立天文台

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

FRB、米株市場を標的にしていない=カンザスシティ

ビジネス

ECB、物価高を懸念 引き締めペースが唯一の議題=

ビジネス

米新規失業保険申請、予想外に増加 継続受給は196

ビジネス

5月米フィラデルフィア連銀業況指数は2.6、2年ぶ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 6

    【映像】擬態したピューマと目が合ったハイカー、一…

  • 7

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 10

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 7

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 8

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月
  • 2021年12月