最新記事

紛争

世界の紛争地で日本人フォトグラファーが見た「いのち」

2019年7月26日(金)15時00分
山田敏弘(国際ジャーナリスト)

干ばつでひび割れた大地に立って配給を待つ女性たち(南スーダン・チュリル村、2003年6月) Noboru Hashimoto

<日本の豊かさの陰で、年間1900万トン、7000万人が1年間生きられる量の食品が廃棄されている現実>

1992年、ソマリア。

1960年の独立以降、氏族(クラン)の単位で生活を行なっていた遊牧民族であるソマリア人の武装勢力が、権力争いや反政府活動を続けていた。そして、国外から流れ込んだ大量の武器によって国内は内乱状態に陥っていた。

そんな危険極まりないソマリアの実情を写真で記録した日本人フォトグラファーがいる。

フランスの『Sygma』(現、ゲッティ)を中心に外国の通信社を中心に、30年にわたって第一線で活躍している橋本昇氏だ。国内の被災地から、海外の内戦や難民などを取材し続け、歴史に刻まれた不条理な人類の苦しみを、命をかけて現場に赴き、カメラで切り取ってきた。

橋本氏は最近、自らの目で見てきた紛争地や戦場の現実をまとめた新書を上梓した。

内戦の地に生きる フォトグラファーがみた「いのち」』(岩波ジュニア新書)には、ソマリアの首都モガディシオに橋本氏が2度に渡って取材した様子が描写されている。

「男の子が虚ろな眼でこちらを見た。カメラを構えて、男の子にレンズを向けシャッターを切った。男の子の目がレンズの先を追う。その間、ずっと体が震えているのを感じていた。ここまでの飢餓の現実を目の当たりにするのは初めてだった。どうして自分はここにいるのか?」

そう自問した橋本氏は、かき乱された感情の中で、真正面から自分に向き合う。「自分の健康な体を恥ずかしいとも感じた。写真を撮るということで正当化している自分の存在。何十年の人生まで問われているように心が揺れ、心の中で何かが激しく交差した」

フォトグラファーである前に、人間であることを突き付けられたフォトグラファーの葛藤がそこにあった。

hashimoto02.jpg

内戦と干ばつで飢餓に陥ったソマリアのバルディラ。人々は食糧を求めてあても無くさまよう Noboru Hashimoto


hashimoto03.jpg

仲間の殉教に「アッラーアクバル」と叫び、祈るハマス特別攻撃隊(パレスチナ自治区ガザ、2002年2月) Noboru Hashimoto


hashimoto04.jpg

セルビア人スナイパーにより、狙撃された母親であり妻である女性の遺体を確認する父と息子(ボスニア・ヘルツェゴビナ、1994年2月) Noboru Hashimoto

ソマリアだけでなく、ボスニア・ヘルツェゴビナ、南アフリカ、ルワンダ、シエラレオネ、リベリア、アフガニスタン、パレスチナ、カンボジア、そして福島県飯館村。本著は、日本の日常がいかに恵まれた環境なのかを痛いほど再認識させる。

本著の中で、特に印象に残ったのは、2003年の南スーダンで、あちこちに行き倒れた遺体が転がっている状況を目の当たりにした現場での、著者の率直な言葉だ。「やはり、日本での生活が頭に浮かんだ。町中に所狭しと溢れる食べ物屋、24時間営業のコンビニ、毎日これでもかとグルメ情報が流れてくるテレビ」と、日本の現実を突きつけ、こう述べる。「その便利さ、豊かさの陰で1年間に1900万トンもの食品が棄てられているという現実。数字で実感するのは難しいが、これが世界の7000万人が1年間食べていける量だと聞くと、『えっ!』と絶句するしかない」

その上で、橋本氏はその状況をこう皮肉っている。「その時、3食満ち足りた日本のヒューマニストが言う『清貧』という言葉が『風に飛んで』いった」

hashimoto05.jpg

飢餓で死亡した幼児の遺体を遺体収容トラックへ渡す。バルデラは死の町とよばれたバイドアと同じように毎日飢餓でばたばたと人が亡くなっていた(ソマリア・バルデラ、1992年) Noboru Hashimoto


hashimoto06.jpg

命の灯が消えて行く。飢餓で死にゆく子供に水を与える母親(ソマリア・バイドア、1992年) Noboru Hashimoto


hashimoto07.jpg

一粒一粒指先で米を拾い集める人々。その時、3食満ち足りた者(日本のヒューマリスト)が言う「清貧」という言葉が風に飛んでいった(南スーダン・アレク村、2003年) Noboru Hashimoto

日本という恵まれた環境で、日常に忙殺される日本人。橋本氏の見てきたような人類の苦難は、いまも世界各地で起きている。そんな現実に触れることで、生きることについて今一度、考えてみてもいいかもしれない。それは、人生観が揺さぶられる体験になることだろう。

 20220125issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年1月25日号(1月18日発売)は「2024年の全米動乱」特集。次期米大統領選のトランプ再敗北で、100万人超の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが――

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

物価巡り企業行動はかなりアクティブ、注目している=

ワールド

米ロ外相、ウクライナ問題を協議 「今日の解決見込ま

ビジネス

仏トタルエナジーズ、ミャンマー撤退を決定 人権状況

ワールド

NZ軍艦、トンガに到着 水など支援

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かんでいる 3次元でマップ化

  • 3

    おまけ狙いの爆買い男性に106食分を売った中国ケンタッキー、当局から正式に怒られる

  • 4

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 5

    オタク活動に注意? 芸能人を好きになり過ぎると「知…

  • 6

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 7

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 8

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 9

    北京五輪には自前のスマホを持ち込むな、米加が選手…

  • 10

    北京五輪参加者に忍び寄る肛門PCR強制の恐怖

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 5

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 6

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 7

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 8

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 9

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 10

    おまけ狙いの爆買い男性に106食分を売った中国ケンタ…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 7

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 8

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 9

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月