最新記事

終戦の日

戦後75周年企画:連合軍捕虜の引き揚げの記録を初公開 ~あの日、何があったのか【Part 1】

2020年8月15日(土)12時00分
小暮聡子(本誌記者)

1944年クリスマスに釜石収容所の内庭で撮影した記念写真。最前列右端からシテンヘーハー中尉、ブライストラ少尉、パイマ軍医、真ん中にあぐらをかいているのが稲木誠。クリスマスツリーの右手に無帽で立っているのがフックさん。1978年、パイマ軍医の未亡人が持っていた写真がフックさんを通じて稲木に寄贈された。COURTESY KOGURE FAMILY

<終戦の日、日本国内には130カ所の連合軍捕虜収容所があり、岩手県釜石市に746人の捕虜がいた。ここに発表するのは、彼らが引き揚げるまでの1カ月間について克明につづられた未発表のノンフィクションだ。その全文を4回に分けて公開する>

 第二次世界大戦中、日本国内の130カ所に連合軍の捕虜収容所があったことは、いま日本の歴史としてどれほど記憶されているだろうか。

 日本軍はアジア・太平洋地域で捕らえた約14万人の連合軍捕虜のうち、約36000人を輸送船で日本に送り、国内各地の炭鉱や鉱山、造船所や工場などで働かせていた。捕虜たちの生活は過酷を極め、終戦までに約3500人が死亡した。死因は飢えや病、事故や日本軍による虐待、連合軍による爆撃などだった。

 岩手県釜石市にあった釜石捕虜収容所も、連合軍による砲撃を受けた1つである。当時、岩手県釜石市には釜石捕虜収容所(正式名:仙台俘虜収容所第5分所)と大橋捕虜収容所(正式名:仙台俘虜収容所第4分所)の2カ所があり、日本製鉄釜石製鉄所と、日本製鉄大橋鉱業所が使役企業となって捕虜を働かせていた。

 連合軍捕虜の国籍はオランダ、アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドで、釜石と大橋の両収容所にそれぞれ約400人が収容され、終戦時には釜石市内に746人の捕虜がいた。

 釜石市は1944年7月14日、米海軍による本土初の艦砲射撃に見舞われた。東北地方有数の軍需工場である釜石製鉄所を沿岸部に擁していたため、長崎に原爆が投下された8月9日に再び、米英軍による艦砲射撃にあった。この砲撃と爆撃により、釜石収容所では32人の捕虜が亡くなった。

 1945年8月15日。正午の玉音放送によって日本が終戦を迎えると、それまで捕虜を管理していた日本軍と、捕らわれの身だった連合軍の間で立場が逆転した。連合軍の巡洋艦が釜石港に現れ、捕虜598人が引き揚げていったのは9月15日のことだ。釜石市の収容所関係者にとっては、捕虜たちを連合軍に引き渡したこの日が、任務を終えた終戦の日だった。

 ここに発表するのは、釜石捕虜収容所の所長を務めていた故・稲木誠の手記である。稲木は1944年4月から釜石と大橋の両収容所長を兼務し、1944年7月からは釜石収容所長の専任となった。

 稲木は戦後、時事通信社の記者となり、自身の戦争体験を『茨の冠』(1976年、時事通信社)と『巣鴨プリズン2000日』(1982年、徳間書店)などの形で発表したあと1988年に他界したが、これらの他に「降伏の時」(ペンネーム:中山喜代平)と題した未発表の原稿を遺していた。1945年8月15日から9月15日までの1カ月間について、捕虜が引き揚げるまでの日々をつづった原稿用紙132枚のノンフィクションだ。

 捕虜問題に詳しい恵泉女学園大の内海愛子名誉教授と、国内の連合軍捕虜について緻密な調査を元に『連合軍捕虜の墓碑銘』(草の根出版会)を上梓した笹本妙子氏に本稿「降伏の時」を見てもらったところ、終戦時の収容所の実態と敗戦処理を日本人側から克明に捉えたものとして稀に見る貴重な記録だという。稲木がこの間につけていた「分所長忘備録」や元捕虜の手記などと照らし合わせても、捕虜が引き揚げるまでのタイムラインにほぼ間違いはないと思われる。

 戦後75年が経ち、故人の未編集の原稿を発表するに当たって旧字を改めるなど幾分かの手直しはしたが、資料的側面を優先し大幅な改編は避けた。また戦時中の呼び方として、「俘虜」(捕虜のこと)は原文のままとした。

 なお、本稿に登場する釜石収容所の先任将校の終戦時の年齢を米軍資料で照合すると、蘭軍のジョージ・パイマ軍医は41歳、ビクター・シテンヘーハー中尉は37歳、米軍のフランク・グレイディ大尉は32歳、英軍のビビアン・ブラックストン中尉は37歳、エリック・マーズデン中尉は28歳。稲木は29歳だった。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

物価巡り企業行動はかなりアクティブ、注目している=

ワールド

米ロ外相、ウクライナ問題を協議 「今日の解決見込ま

ビジネス

仏トタルエナジーズ、ミャンマー撤退を決定 人権状況

ワールド

NZ軍艦、トンガに到着 水など支援

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かんでいる 3次元でマップ化

  • 3

    おまけ狙いの爆買い男性に106食分を売った中国ケンタッキー、当局から正式に怒られる

  • 4

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 5

    オタク活動に注意? 芸能人を好きになり過ぎると「知…

  • 6

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 7

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 8

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 9

    北京五輪には自前のスマホを持ち込むな、米加が選手…

  • 10

    北京五輪参加者に忍び寄る肛門PCR強制の恐怖

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 5

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 6

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 7

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 8

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 9

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 10

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 7

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 8

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 9

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月