最新記事

アメリカ政治

議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、取り巻きたちの全内幕

The Roots of the Capitol Riot

2021年1月18日(月)16時20分
ビル・パウエル(本誌記者)

magw210118_Trump_supporter.jpg

バノン(左)、長男のトランプJr(中)、フリン(右)らは大統領選で不正が行われたと執拗に主張した FROM LEFT: ANDREW KELLY-REUTERS, DARREN HAUCK/GETTY IMAGES, JONATHAN ERNST-REUTERS

トランプは2人には早くから、平和的に退任するつもりだと話して安心させていたという。11月26日には、選挙人の投票結果が認定されたら退任するかと記者に問われて、「もちろん、そうするつもりだ」と答えている。

もっとも、トランプはこう付け加えずにいられなかった。「しかし、今から1月20日までに多くのことが起きるだろう。大規模な不正が発覚した。まるで第三世界の国だ」

暴走する弁護団の主張

その頃には既に、不正疑惑を追及するトランプの試みは混乱していた。陣営に加わったシドニー・パウエルは、フリンがロシア疑惑をめぐってFBIに偽証した罪で起訴された際に弁護人を務めてトランプの目に留まった人物だ(フリンは罪を認めたが後に撤回。昨年11月にトランプが恩赦した)。

フリンはホワイトハウスにパウエルを同行した。11月中旬の記者会見でパウエルはジュリアーニらと並んで立ち、次々に陰謀論を繰り出した。投票集計機メーカーのドミニオン・ボーティング・システムズの裏にベネズエラがいるという主張も、その1つだ。

パウエルの主張はあまりに荒唐無稽だったため、ホワイトハウスの法律顧問パット・シポローニは陣営を代表する立場でしゃべらせるべきではないとトランプに助言した。

トランプの家族もパウエルの発言に「ドン引き」していたと、ホワイトハウスのスタッフは明かす。11月22日にジュリアーニと陣営の弁護士ジェナ・エリスは声明を出した。いわく、「シドニー・パウエルは......トランプの法律チームの一員ではなく、トランプが個人的に雇った弁護士でもない」。

パウエルを引っ込めることを渋々認めたトランプだが、「選挙は盗まれた」という思い込みは揺るがなかった。ジュリアーニとエリスは重要な激戦州で不正投票がなかったかを調べ始めた。

トランプが気を良くしたのは、イーストマンが保守系テレビのFOXニュースとニュースマックTVに出演し、いくつかの州の選挙人票は憲法上無効だと主張したことだ。

その論拠は? それらの州では、地方裁判所が州議会の承認なしに郵便投票に関するルールを変えていた。例えば郵便投票の署名が有権者登録ファイルの署名と一致しなくても有効と見なされる、といった具合に。合衆国憲法第2章には大統領選挙で「各々の州はその立法部が定める方法により......選挙人を任命する」と明記されている。

イーストマンによれば、ペンシルベニア、ジョージア、アリゾナの各州では立法部、つまり州議会の役割を裁判所か州務長官が奪ったため、これらの州の選挙人票は憲法に照らせば無効だというのだ。

目的は4年後の再出馬

ラジオ司会者のレビンは11月末からこの主張を毎晩自分の番組で流し始めた。1月6日に連邦議会で選挙人票の確定作業が行われるときに、マイク・ペンス副大統領が一部の選挙人票を無効と宣言する──トランプはそんな展開に望みを託すようになった。

この主張の法的根拠はともあれ、法律顧問も含めホワイトハウスのスタッフはこの頃には裁判で選挙結果を覆すのは難しいと考え始めていた。

ニュース速報

ビジネス

日経平均が600円超す下げ、米金利上昇懸念で3日続

ワールド

台湾各地で制限強化、新型コロナ感染者増加受け

ビジネス

超長期金利、過度な低下の悪影響意識して政策運営=黒

ビジネス

1年後の英成長率、2桁に改善も─中銀チーフエコノミ

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 2

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 3

    横溝正史、江戸川乱歩...... 日本の本格推理小説、英米で静かなブーム

  • 4

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 5

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 6

    天才実業家イーロン・マスクの奇想天外な恋

  • 7

    元気過ぎるトランプの現在...韓国など同盟国を攻撃し…

  • 8

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 9

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 10

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 9

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 10

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月