最新記事

ポピュリズム

トランプの敗北が世界的に見て「異例」だった理由

RARE DEFEAT FOR AUTOCRATS

2021年2月18日(木)06時30分
ハビエル・コラレス(米アマースト大学教授、政治学者)

まず、勝つには団結が必要だ。独善的ポピュリストが権力を握ると、反対勢力は分断されやすい。ポピュリストの政権下では国民に怒りや不満がたまり、反政府勢力が増えるのは自然な流れだ。

しかしポピュリストに敵対する勢力はイデオロギー的に多様だ。左派もいれば右派もいるし、中道派もいる。だから一本化するのが難しい。

こうした反政府派がそれぞれの党派を形成し、いがみ合うようでは選挙に勝てない。反政府派が割れていたら、権力を握ったポピュリストとその熱烈な支持者には勝てない。

magSR20210218raredefeat-2.jpg

元祖ポピュリスト政治家のベネズエラのウゴ・チャベス CARLOS GARCIA RAWLINS

アメリカの場合、民主党は団結を実現してトランプに勝利した。急進的な左派を排除せず、保守的な穏健派も取り込み、過去の共和党政権に仕えた外交官や財政のプロも味方に付けた。

強力な二大政党制を前提とするアメリカの選挙制度が効いたのも事実だ。州ごとに過半数を制した者が当該州の選挙人を総取りする仕組みがある限り、州単位で過半数の票を勝ち取れる見込みの薄い小さな政党は存立しにくい。

一方、選挙戦で最も重要だったのは「過激に走らない程度の大胆さ」だ。極端に走って分裂することを避けつつ、古い殻を破る大胆さを民主党は持ち合わせていた。

穏健派の白人男性ジョー・バイデンを大統領候補に選び、アジア系とアフリカ系の血を引く女性カマラ・ハリスを副大統領候補に選んだのがその証拠。この選択は人種とジェンダーの殻を破るものだったが、一方でアメリカの築き上げてきた伝統を(破棄して一新するのではなく)守るというメッセージを送るものでもあった。

まだ完全な勝利ではない

全国的に盛り上がった抗議活動への対応も、過激に走らない程度に大胆だった。熱狂的な支持者に支えられた独善的なポピュリスト政権は、ともすればそれ以外の人たちを露骨に無視する。

だからトランプ流の男性上位主義とセクハラ黙認の姿勢には女性たちが猛反発し、警察による黒人への暴力には人種の壁を越えた抗議運動が起きた。

しかし、こうした抗議活動への対応は難しい。時には反政府勢力への追い風になるが、暴動や略奪まで行けば逆風になる。

だが今回の民主党はうまく立ち回った。抗議の声は支持しつつ、そのエネルギーを街頭行動から投票行動へ、巧みに誘導することに成功した。

ニュース速報

ワールド

米コロニアルのパイプライン再稼働、供給不安でパニッ

ワールド

米アマゾン、2.5億ユーロの追徴課税巡りEU裁で勝

ワールド

ブラジル、東京五輪・パラ代表選手にコロナワクチン接

ビジネス

日経平均が600円超す下げ、米金利上昇懸念で3日続

MAGAZINE

特集:新章の日米同盟

2021年5月18日号(5/11発売)

台頭する中国の陰で「同盟国の長」となる日本に課せられた新たな重い責務

人気ランキング

  • 1

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明

  • 2

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 3

    横溝正史、江戸川乱歩...... 日本の本格推理小説、英米で静かなブーム

  • 4

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 5

    バブルを生きた元証券ウーマンが振り返る日経平均の3…

  • 6

    天才実業家イーロン・マスクの奇想天外な恋

  • 7

    元気過ぎるトランプの現在...韓国など同盟国を攻撃し…

  • 8

    インドで新型コロナ患者が、真菌感染症(ムコール症…

  • 9

    【動画】ゲームにあらず、降り注ぐロケット弾を正確…

  • 10

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 1

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 2

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇太子に賛否...「彼女に失礼」「ごく普通」

  • 3

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 4

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーテ…

  • 5

    ノーマスクの野外パーティー鎮圧 放水銃で吹き飛ば…

  • 6

    日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大…

  • 7

    プロポーズを断っただけなのに...あまりに理不尽に殺…

  • 8

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 9

    金正恩が指揮者を公開処刑、銃弾90発──韓国紙報道

  • 10

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 4

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと…

  • 5

    メーガン妃を誕生日写真から「外した」チャールズ皇…

  • 6

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 7

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 8

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月