最新記事

韓国

4月1日、改正種苗法が施行 韓国の無断栽培増加が背景にあった

2021年3月26日(金)15時38分
佐々木和義
ブドウ農家

韓国が輸出したブドウの70%は、日本のシャインマスカットだった (写真はイメージ)kumikomini-iStock

<4月1日に施行される改正種苗法。その背景には、中国や韓国の無断栽培があった。韓国側の状況を見てみる...... >

2021年4月1日、改正種苗法が施行される。新品種の開発者が、栽培地を国内や特定の都道府県に限定できるようなり、また、農家が収穫物から種子を採取して翌シーズンの生産に使う「自家増殖」は許諾制になる。

改正前は正規に購入した種苗の海外への持ち出しは違法ではなかったが、4月以降は「国内限定」などの制限に違反すると、個人は10年以下の懲役または1000万円以下の罰金、法人は3億円以下の罰金が課され、流通の差し止めや損害賠償を求償される。

国産農産物の輸出拡大を進めるなか、優良品種の海外流出対策を柱とする改正で、中国や韓国の無断栽培の増加が改正の背景にある。ここでは、韓国側の状況を見てみよう。

2000年代半ば韓国のイチゴ市場は日本品種が90%以上に

2018年、平昌冬季五輪で銅メダルを獲得したカーリング女子日本代表が、試合後の記者会見で「韓国のイチゴがおいしかった」と絶賛し、当時の斎藤健農林水産相が微妙な反応を示した。韓国のイチゴは日本から流出した品種をもとに開発されていたからだ。

韓国イチゴ市場は2017年時点で93.4%が韓国産品種で、2002年に5726億ウォンだった生産額は、13年には1兆ウォンを突破した。雪香が83.6%で最も多く、竹香5%、梅香3.3%と続き、外国品種は日本の章姫が4.8%、レッドパール1%などとなっている。

2000年代半ばまで韓国のイチゴ市場は日本品種が90%以上を占めていた。2002年、韓国が植物新品種保護国際同盟(UPOV)に加盟すると、日本政府が開発育種家に対するロイヤリティの支払いを要求。韓国農家は日本品種を「梅香」や「雪香」に植え替えた。

韓国中西部の忠南農業技術院論山イチゴ試験場で、1994年から国産品種の開発が進められ、2002年に梅香、2005年には雪香と錦香など、2017年までに9種類の品種を開発したが、「雪香」はレッドパールと章姫を交配し、「梅香(メヒャン)」は章姫と栃の峰を交配した品種で、多くが「章姫」「レッドパール」「とちおとめ」など日本から流出したイチゴを交配して開発された。

「梅香」は香港やシンガポールなどに輸出されている。18年2月、農林水産省は韓国で育成者権を取得できていたら年16億円のロイヤリティを得られた可能性があり、また、13年から17年の5年間の輸出喪失額を220億円と推計した。

無断栽培が増えたシャインマスカットとフジ

さらに、高級ブドウのシャインマスカットは、韓国と中国で無断栽培が行われている。

農研機構が30年かけて開発し、2006年に品種登録を行った。ブドウの海外登録は国際条約で、自国内登録から6年以内と定められているが、輸出を想定していなかったことから国外登録は見送られ、中国と韓国で無断栽培がはじまった。

韓国農水産食品流通公社(aTセンター)が2017年から中国や東南アジアへの輸出を推進した。中国産は値段が安いが味が劣る。韓国産は日本産より劣るが中国産より味が良く、また日本産より安価なことから人気がある。2019年に韓国が輸出したブドウ2300万ドルの72.4%をシャインマスカットが占めていた。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

物価巡り企業行動はかなりアクティブ、注目している=

ワールド

米ロ外相、ウクライナ問題を協議 「今日の解決見込ま

ビジネス

仏トタルエナジーズ、ミャンマー撤退を決定 人権状況

ワールド

NZ軍艦、トンガに到着 水など支援

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かんでいる 3次元でマップ化

  • 3

    おまけ狙いの爆買い男性に106食分を売った中国ケンタッキー、当局から正式に怒られる

  • 4

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 5

    オタク活動に注意? 芸能人を好きになり過ぎると「知…

  • 6

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 7

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 8

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 9

    北京五輪には自前のスマホを持ち込むな、米加が選手…

  • 10

    北京五輪参加者に忍び寄る肛門PCR強制の恐怖

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 5

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 6

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 7

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 8

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 9

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 10

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 7

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 8

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 9

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年1月
  • 2021年12月
  • 2021年11月
  • 2021年10月
  • 2021年9月
  • 2021年8月